クライアントや上司にうまく表現できなくて困ったことはありませんか?

Pocket

「どう言ったら良かったんですかね?」

若いクライアントが私のセッションを受けてこう言いました。

彼は自分が表現したいことが
うまく言葉に出来なくて困っていました。

このような若者が増えているようです。

アナタの部下にもいるかもしれません。

彼は成績優秀、学歴は申し分ありませんが、
人間関係がうまくとれず、出せるべき能力を活かしきれていないようです。

せとぐち

多くはこのようなケースです。

  • 上司への説明の時も緊張して、うまく言葉が出ない。
  • 黙っていると、上司が色々質問してくるが、その答えにも詰まってしまう。

すると

  • 最終的には上司から解決策を授けられる。
  • これがまたうまくいかない。

その結果、

  • 評価が下がっている感じがして、益々焦って能力が発揮できない。

 

あなたにもこんな悪循環の経験はないですか?

なぜでしょうか。。。

まず、彼は上司に対して全てをうまく表現できないまま最終的に「解決策」を授けられ、試みます

が、この「解決策」がこの事態を作り出した「彼自身のもの」ではないからです。

ここで落ち着いて考えてみてください。
彼には彼自身の課題があったのです。

ここで彼は、「しくじった!」と思った出来事を巻き戻して、次回に備えてシュミレーションを行う。

これがこの場での「彼の課題」であり表現の練習だったのです。

失敗した!と思ったら私たちは振り返りたくなくなりますが、
しっかりおちついて、振り返り同じ失敗を繰り返さないように練習すれば必ず変化は生まれます。

そして、「うまく表現できない」「言葉に詰まってしまう」という場面を回避できるようになってきます。

 

さて、上司側の課題もあります。
そう、リーダーであるアナタの課題です。

研修講師として伺う機会が毎週ありますが、大抵のリーダーさんは
ほぼ同じ課題を持っていらっしゃいます。

待てない

部下が黙ってしまうと、その瞬間に色々質問したり
速攻で指示を出したりしてしまっています。

もちろん、これは普通で、誰でもやっていることかもしれないのですが、
これが部下が育たない原因でもあります。

部下が黙ったら、ちょっと待ってみる。

「いいよ、ちょっと考えてみなさい」

と振り返って考えられる時間を与えてみる。
面倒だと思うかもしれませんが、少しの時間を
待てないというだけで、部下が育たないのです。

考える時間を与えなければ、冒頭のクライアントのように
いつまで経ってもうまく表現できず、本来彼が持っている能力が
眠ったままになります。

時間を与える

という育て方もあるのです。

そして、その時間を与える時の質問としてお勧めの方法があります。

  • 「方法があるとしたらどんなことが考えられる?」
  • 「やる、やらないは別としてやれることがあるとしたら?」
  • 「合ってる間違ってるは置いといて、自分ならどうする?」

と、評価を気にせず答えを出せたり、答えを出すことへの
抵抗感を下げられるような課題を出してあげるのです。

ちょっとした表現の工夫で、かなりの違いが生まれます。
ぜひ参考にしてみてください。

時間を与える

という育て方です。

GOGO!リーダー!! 

リーダーを活性化する!
個人セッションはこちら

セミナー情報:コミュニケーションで悩むのは もう終わりにしてください(残り数席)
2月25日(土曜日)開催

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。