モチベーションアップへの新たな提案

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です

人材育成の中でかなり重要な要素に

モチベーションアップ

というものがあると思うのですが、

アナタはどうやってメンバーのモチベーションを
アップさせていますか?

とは言え、モチベーションアップ研修とうたうと
参加者のモチベーションがだだ下がりという現状
があったりしますね(苦笑)

それだけモチベーションを上げることは組織にとって
重要な要素になっています。

私も活性化に関する研修をいろいろ行いますが
今回新たなアイディアが湧きました。

それはあるセミナーで参加者とのやり取りの最中に
私の口から出た言葉でした。

セミナーをやっているとちょいちょいありますが、
自分でも思ってもみなかった【素敵なフレーズ】が
口をついて出たりします。

参加者に引き出されるという感じなのです。
だからセミナー(Live)は止められん!のです。

さて、そのフレーズとは

【貢献の隙を創る】

です。

そこのセミナーでは「応援し応援されるコミュニケーション」
をテーマにしていて、その宿題として「身近な人を喜ばせる」
に取り組んでもらいました。

取り組み結果をシェアしてもらったその方は、他人を助ける
ことはするが、自分は自己完結してしまうタイプ。

それを身近な人に指摘されたというものでした。

かつての私も全く同じ。

「自分は助ける人で、助けらる人ではない」

という生き方をしていました。
ある時、カウンセラー仲間から言われた一言がとても
私の心に響いたのです。

いつも話を聴いてくれて力づけてくれるけど、
何もお返しが出来ない、役に立たないのが悲しい

と。
その時に初めて気づいた事。

人は悩みを解消した時よりも、他人の役に立てた時に
より活性化するのかもしれない

メンバーのモチベーションアップにはもしかしたら

貢献の隙を創ってみる

というのが機能的かもしれない。

自分(で)も役に立てる
何か出来ることがある

そう思えるような隙をメンバーのために創るよう意識する

今回はこれをリーダーの皆さんに提案したいと思います。

いかがでしょう?

GOGO!リーダー!!

 

心を整え、本来の能力を発揮する為の
個人セッションはこちら

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。