悲劇のサイクルにハマらないためには。。。

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

何を基準にすればいいのか・・・

管理職とは言え、その上に管理者がいる場合の方が多い。

その時の悩みとして

自分がどこまで判断して良いものやら

この判断に間違いがないか

と、迷う。

特に、間違いが在ってはならないという真面目な方に多い悩み。

そんなの任されたのだから、自分の判断でやれば良い

と言い切れる方は、悩まずサクサク進んで行かれるから

良いのですが、そうでない場合はかなりツラい。

これが、その上司を信頼し憧れなどの思いを抱いているのであれば尚のこと

で、どうなるか?というと

間違えてないか気になって何度も確認したくなる

確認すればするほど、面倒臭がられる

という悲劇のサイクルにハマる。

やがてこのサイクルにも疲れ、信頼し尊敬し憧れた人を嫌うことになる。

一生懸命頑張った挙句がこれかい?!

と言う状態になってしまう。

これでは、仕事の質、場の質が落ちる。

誰にとっても良くない状態。

なかにはウツを発症する人も少なくない

 

そうならない為にアナタが気をつけることは

どんな人の話であっても、参考意見として聴く

どんな人の話でも「絶対に正しい」を横に置く

 

偉そうな態度で聴くことはないですが、変にヘリクダッて

しまうのも関係性のバランスを崩してしまう。

アナタもリーダーであれば思いは同じだと思うのですが

 

リーダーがメンバーに求めるものは、

自分ごとで仕事を考えてくれること

(メンバーであっても)リーダーの意識を持って仕事に取り組んでくれること

だったりする。

それを変にお伺いを立て続けられたら、

ちゃんと考えとんかい!!

自分で考えろ!!

と不機嫌にもなる。

不機嫌を創っているのはアナタかもしれないという観点

でも、これで自分を責める必要はない。

だって、知らずにそうなっているだけ。

そんなコミュニケーションを知らずに行っていただけ。

逆に、アナタが上司の不機嫌を創ったのなら、不機嫌にならないコミュニケーションも出来るということ。

そこで、まずはこれ↓を意識することをおススメします。

どんな人の話であっても、参考意見として聴く

どんな人の話でも「絶対に正しい」を横に置く

ニュートラルに聴いてみましょう。

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます