期間限定6日間聴くだけレッスン♪最終日6日目「立つ瀬を創る」

Pocket

化する立つ瀬を創る

 

人間関係をこわしているのはこの立つ瀬をグッシャリつぶしていることが多いというお話です。今日は人間関係にダイレクトに効いてくるテーマです。

音声ファイルはコチラをクリック →asakatu1-sc

 

立つ瀬がない

面目を失う 立場を失い苦境におちいる  大辞林より

 

私たちは自分の面子にこだわりがあります。面子・面目を失うと居たたまれない!という状態になります。

面子とは何か? → 顔

顔とは何か? → 存在 その人そのものを意味する

 

私たちは自分の存在意味や理由、存在価値を感じながら生きたいと願う生き物

立つ瀬とは存在する場という意味ですから、これをつぶされると大逆上!

 

では、どうして私たちは相手を【立つ瀬がない】状態にしてしまうのか?

 

1.無意識の場合

悪気なくやっているので、この場合は【相手の立つ瀬】を意識する

 

2.勝負の質が反応している場合

勝つか負けるか? 正しい!間違っている!これは本能的な部分。

 

ですが、考えてみてください。

「今、その本能を出す時か?その必要があるか?」

「勝つのは良いがうらみつらみを買うがそれでもやるか?」

「人間関係悪くしてまで勝つ意味があるか?」

 

どうでしょうか?

変に勝負にこだわるより、相手にも立つ瀬(立場)を創って良い関係を築く方が良いと思いませんか?

 

さて、しかしみなさんの中には「じゃ、間違ったことを言っている時も立つ瀬は創るのか?」と質問したくなる方がいるかも?

 

答えはもちろん: 創る!!

 

相手の間違いを訂正しようと思うのであれば、尚のこと立つ瀬を創ることです。

自分をないがしろにしてくる人の話をあなたは聴きますか?

 

相手を変化させたいならば、立つ瀬を創る!コミュニケーションに変えることです。

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます