期間限定6日間聴くだけレッスン♪5日目「分別」

Pocket

分別

 

ぶんべつ ではなく ふんべつ  大人の分別などと表現されるフンベツです。

このセンスを人間関係に持ち込めたら、これまた劇的に楽になるというお話。

音声ファイルはこちらをクリックしてください。 asakatu1-sc

 

 

コミュニケーション上の分別とはいかなることか?

【相手と自分を分ける】

ほぼ人間関係でウマく行かなくなる原因は【相手と自分をごちゃまぜ】にすることから起きる

 

では、その例を3つほどあげてみましょう

 

1、相手の身に起きたこと・相手の問題を【自分の事】のように扱ってしまう

こうなると、心配のあまりにあーしろ、こーしろ、そんなことじゃイカン!など

指示命令、おもいっきりの否定コミュニケーションに・・・

もちろん相手は気分を害するので反発が起きて、そしてこっちも気分悪い・・・

 

2、相手の意見と同じでなければならない・・・・

相手と自分の意見が違った場合、反発や抵抗などがどちらからか起きてくる、あるいは従いたくないけど従わなくては・・・と苦しくなる

相手を好きだったり、尊敬していたりするとコレはやっかい・・・

 

3、相手の評価に巻き込まれる

相手(周り)の評価や期待(言われてないことでも)に応えねば!と振り回される形。また、評価を下げてはいけないという自分の中の反応が苦しさを生む。

 

これらは全て相手と自分を【分けて考えること】で格段、楽に!

 

分けて考える為にはこれらを↓自分に言い聞かせましょう

 

*これは相手の問題、私に起きたことではない。この人が対処するもの!

*この人はこういう意見なだけ。私とは違う。それは当然のことだし、それも有り!同じでなくても良い!

*相手がどのように評価しても、自分は自分。その評価が世界の評価ではない。もし、世界がそう評価しても、自分は変わらずに【自分】で在る!

 

というように、分別する為の声がけ・言い聞かせを行うのです。

 

しっかり分別して人間関係を良くしていきましょう!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。