自分の能力を抑え込んでいるもの

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

もっと出来るはずだと思うんですが・・・

 

これはあるリーダーが自分について抱えている
悩みとしてつぶやかれた言葉。

 

はた目から観たら、いつも朗らかで場の空気を
変えてしまうようなエネルギーを放っている。

 

なんでもすぐやる!どんどんやっているように観える。
そんなエネルギッシュな人でもある。

 

が、ご本人曰く
なんとかなる、どうにでもなる
という感覚が湧くのか、なぁーんかギリギリになるまで
やらないんですよ。
もう少し早めにやれば、完成度の高いものが出来た
と思うし、もっと色々考えられたと思うんですが、付け
焼刃的なやっつけ仕事でやってしまう自分が嫌なんです。
とおっしゃる。
なかなか意外~と思った次第。

 

ギリギリまでやらない

 

というのは【ぎりぎりパラダイム】と言っているのだが
ぎりぎりまで置いておくことで、利益を得ているので
すぐにはやらない、やってしまっては利益がなくなる
のでやらないというパラダイム(価値観の枠組み)が
働いていることがある。

 

これを詳しく説明すると、
うーん、なるほど!確かにそれもありそうです。
が、それだけではないような・・・・

 

そこで、もう少し深くお話を聴いてみたら出てきました。
引っかかっている部分が。

 

こうしてお話を聴いているとご本人は解らないのだが、
私たちにはひっかかりが浮き彫りなって観えてくる。

 

その部分をクライアントに伝えると

 

えっ!?あー、そうか・・・・・

・・・・・・しばし沈黙・・・・・・・・・・・・・

確かにそうかもしれません。
うん、なんかすごく腹に落ちました。

 

浮き彫りになった部分とは?

【過去の自分を否定していた】

のでした。

 

現在の自分は、そこまで過去の自分を否定している
なんて自覚はない。
が、話を聴いているとずぅ~~~~と薄っすら

 

【過去の自分を否定】

 

する内容。

 

薄っすらなので、ほとんどの人が気づかない。
本人も。

 

過去の自分を否定しているので、今起こる事を
その当時に結びつけて、

 

やっぱりあんな事した自分だから、ダメなんだ。
どうせそうなんだ。

と魔の呪文を唱える。

そうすると自分でかけた魔の呪文通りの結果を創り
始める。

これも私たちだれもが持っている質の一つ。

 

このクライアントはここに気づいた瞬間
付き物が落ちたような顔になった。

 

そして、さわやかな笑顔で

ちょっとやってみます!

帰っていった。

 

心のしこりが一つ溶けたこのクライアントは、
また一歩、本来の能力を発揮する道を進んだ。

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます