部下との適切な人間関係を創り出すモノとは

Pocket

 

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

どうも見くびられているよう・・・

あるリーダーは悩んでいました。

部下との関わりがしっくりこない。

前から薄々感じてはいたが、なんとなくみくびられている感じがする

と。

リーダーだからと言ってそれだけで「ついて行きます!」

となるわけではないですね。

やはり、そこには

人間関係

が絡んでくる。

人間関係と言っても、ただ単に和気あいあい仲良くする

と言ったレベルの話しではなく、

仕事現場においての

上司と部下の適切な人間関係

の話。


リーダーとして適切にその場に現れているか

 

コミュニケーションを勉強するとある弊害が起きてくる

 

 

部下の機嫌を気にし過ぎる

 

 

人間の感情を扱うので、どうしてもそこに意識が

行くのはわかる。

が、そればっかりだと職場での適切さが失われる。

 

 

冒頭の悩みを持つリーダーの多くにみられる課題はココ。

 

 

部下のやる気を引き出す環境を整える

のと

部下の機嫌を気にする(し過ぎる)

とは違う。

 

 

この違いをしっかり分別しつつ、進んで頂きたい。

人間の感情への意識が希薄なリーダーには

感情を意識することを促しますが、

その反対に陥ってる方には

部下の感情なんざー知らん知らん!

くらいの勢いでいくように促します。

 

 

さて、アナタはどんな感じでしょうか?

 

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます