人を育成する人たちで会話した時、みんなが納得!した。

Pocket

「10年引いて観る方が良いよね。」

「あー、それ!わかる!」

人を育成する人たちで会話した時、みんなが納得!した。

それは

「今の若者は実年齢から10歳ほど引いた年齢だと観る」

 

決して若者を馬鹿にしているのではなく、時代背景が大いに影響を与えていると思うのです。

 

拡大家族や大家族、自治会などと縁が薄くなり、
縦だけでなく横の人間関係の密度も薄い中で成長してきた若者たちは、

 

人間関係の機微(きび)がつかめないだけ。
【機微】きびとは。意味や解説、類語。表面だけでは知ることのできない、微妙なおもむきや事情。goo国語辞書より
これをつかむトレーニングにふれる機会が圧倒的に少なかっただけなのです。

 

なので、「機微」が掴めないのだと思う。
例えば、アナタは若い世代にこんなことを感じたことはないだろうか?

 

      • ちょっとしたことで落ち込む、打たれ弱い
      • 冗談が通じない
      • すぐ感情的になる
      • 無表情で何を考えているかわからない

これらは全て、その「機微」をトレーニングをし損ねているから起きていることなのです。

上記について率直に言うと….

        • 打たれ弱いのは、叱られているのか怒られているのかが掴めないだけ
        • 冗談が通じないのは、そこに悪意があるのか無いかのが掴めないだけ
        • 相手がどんなつもりで言っているのかが解らないから屈辱的と思ってしまう
        • 無表情なのは、感情を顔に出さないトレーニングした故に、表情を消すトレーニングが成功した結果である

 

でも、もし彼(彼女)らが

 

相手の立場に立て、

 

と言われる機会を多くうけて育ってきたなら、その結果
「機微」を自分の本質としてもう少し、トレーニング出来ていたのではないかと思うのです。

こんなことを読むと、
「なんだ、子どもの頃からの習慣だから今さらどうにもならないか、、、」と、がっかりしていませんか?

大丈夫です。 人はトレーニングすれば必ず変わります。


あなたの目の前の若者は、ただ単にトレーニング不足なだけなのです。
根性がないわけでも、性格がひん曲がっているわけでも頭が悪いわけでもないのです。

 


ただ知らないだけ

ただトレーニング不足なだけ

 

改善するには、簡単で良い方法があります。

それは、まず 目の前の若者がトレーニング不足なだけなのか?
という観点で彼らを観てみるのです。

 

そして、「機微」をトレーニングしてみるのです。

 

何らかの壁にぶちあたり
落ち込んだり、感情的になっているのを察したなら
何よりもまず、起きていることを解説してやるのです。

 

こちらがどんなつもりで言っているのかや、
どうして、あの場面であんな扱いを受けたのかなど等です。

 

解説されると彼らはものすごく新鮮な眼差しでこちらを観てきます。
そして、モヤが晴れたように目が輝き始めます。

 

彼(彼女)らは知らないだけです。

 

ただ単に、トレーニングに出会う機会が少なかっただけなんです。

 

リーダーの皆さま
諦めないでください。きっと、彼らが活躍する日がやってきます。

 

そして あなたならできると思います。

 

GOGOリーダー!

リーダーを活性化する!
個人セッションはこちら

セミナー情報:コミュニケーションで悩むのは もう終わりにしてください(残り数席)

・日時  2月25日(土)13:00~15:00
・場所  大阪市営地下鉄 長堀橋駅徒歩1分 長堀安田ビル 4階会議室
・このビルの会議室です→ http://bit.ly/1NVx1bH

なぜ、一部の人たちは、人とのコミュニケションに長けているのか?
なぜ一部の人たちは、人を魅了し、影響を与えられるのか….

こんなことを感じたことはないですか?

  • やりたいと思うコミュニケーションが取れない
  • 伝えたつもりが伝わってない事が多い
  • なぜかいつもチャンスを逃してしまっている

これ、全部ちょっとした「○○」のせいなんです。

あなたの2時間を私にください。
根拠のない不安や自信のなさ、なぜこうなるの?!と不本意に思っていたことが解消されます。
今までの疑問が消えて清々しく会場を後にできるでしょう。

望む結果、人生の質を上げることへのキッカケ作りとしては最高のタイミングではないでしょうか?

 

 

 

 

開催日が明日となりましたので特別に「金曜日のメルマガを読みました」とお伝えいただければ
¥8,000 → ¥5,000(特別割引)で受けていただけます。

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。