☆☆~C's G Mission Clubブログセミナー 第5回「人生を阻んでいたのは【後ろめたさ】」〜☆☆

Pocket

☆☆~C’s G Mission Clubブログセミナー 第5回~☆☆
「人生を阻んでいたのは【後ろめたさ】」
本来の能力を引き出すトレーナー
せとぐちです!
コミュニケーションをトレーニングをすると、何がどう変わるの?
と、よく質問されます。
やる事はわかっているし、時間もあるのに、なんでやらないんだろ?
などと自分にイライラしながらも不思議に思う事ありますよね。
そんな自分をコミトレで変えていったクライアントたち。
何をどうやって変化させたのか?を具体的にレポートしていきます。
あなたにもピンとくるお話があるはずです。

上田さんの場合
第5話「人生を阻んでいたのは【後ろめたさ】」

「やりたくない」と思う理由はいったい何なのか?
こちらの質問にわからないと戸惑いながら断片的に答えていく。
話があちらこちらに飛ぶ。
思いついた事を口走ってみては、いや、そうじゃないとすぐ否定する。
そして、またわからなくなる。
そんなグルグルを繰り返す。
これを一人でやると訳がわからなくなって、途中で投げ出すことになる。
個人セッションの良いところは、このグルグルこそが、その後に大きな気づきに繋がったり
将来使える体験として本人の中に刻まれる。
上田さんもグルグルを繰り返し、断片的な答えを言いながら自分で気づいたり、
自分が言ったことに「そうそう」と大きく頷いたりする。
本人が気づかないポイントや観えていないところを、
「さっきの話だと、〇〇がキーワードのようですね」とか「実は〇〇と考えているのでは?」
などとフィードバックする。
そうすると、「あ!そうです。そう。本当だ・・・・」と確信として深まったり、
「いや、それは無いです。そうではなくて、△△です」と言った具合に探究が進む。
そのうちに、探していた「理由」に行き当たる。
上田さんが依頼されたくないと思うほど、その仕事を嫌がる「理由」は
【後ろめたさ】
だった。
その仕事は上田さんが思う「お金をもらっても良い仕事」ではなかった。
上田さんがお金をもらって良いのは、何か品物を売ったり、
自分が肉体的に労力を使った時という既成概念があった。
依頼されたくない仕事は、クライアントの相談にのるコンサルタント業だった。
この仕事は上田さんにとってみたら、単に話しをしているだけ、自分が思いついた事を
相手に言っているだけなので、仕事として「やった感」がない。
それなのに、お金を頂くなんて・・・
どうしてこんな高い金額にしているのにお客さんが来るのかわからない・・・
という状態だった。
先述した通り、当事者ではない人が聞いたら「贅沢な悩み」と思うことでも、本人にとってみれば、
自分の誠実性が「悪い事をしているぞ」と、常に自分を突いてくるからたまったもんではない。
そこでトレーナーとして上田さんに話したことは
続きは 1月29 日 8:00にお届けします。

一般セミナー開催のお知らせはこちら

↓↓↓↓↓
https://wp.me/p5LMu1-1ew
変わるために必要な3つの事」セミナー

人が変わらないのには「理由」があります。
逆に言えば、「理由」を知れば、人は変われます。
このセミナーでは、【人が変わるために必要なこと】をお伝えします。
<注意>
このセミナーは
どうしたら人は変わるのか?を本気で知りたい!
本気で変わりたい!人のためのセミナーです。
十分、ご注意ください。

メルマガのご登録はこちらへどうぞ
 

マインドスキルコンサルタント養成講座 資料請求はこちら↓
※資料請求とメッセージをください
【せとぐちとLINE@でお友達になる】
今すぐにお友だちになる→ https://line.me/R/ti/p/%40qox0435y

 
 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。