「あいつは何も解ってない」って本当か?!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。
あいつは何も解ってないですから
あるリーダーが自分のメンバーについて
こんな発言をされました。
ま、年下だし、経験も浅いわけですからね。
そりゃそういう観方も出来ますよね。
実際解ってないこともあるし。
が、それって本当か?!(ホンマかい?!)
この発言をされたリーダーに関して言えば
残念ながら・・・・
です(笑)
リーダーとしては、
あいつは何も解ってない。
自分の判断の方が正しい。
自分の方が勝っている。
という立ち位置から観ている。
これが落とし穴・・・

油断を招いています。
第三者としてお話しを聴いていたら、明らかに
メンバーにしてやられてる(笑)
上手いこと乗せられてる
っていうか
ある意味欺かれている・・・
メンバーはかなりの策士です。
それもこれも、「あいつは何も解ってない」という
思い込み
が生み出してもの。
上手いこと乗せられる
ってのもリーダーの才能ではあります。
それはそれで機能しているなら活用しましょう。
が、欺かれているようなら話しは別。

場や空間を握っている(責任を持っている)のは
アナタですから、好き勝手させてはいけないのです。

自由   好き勝手
違いますから。
さて、アナタ(の場や空間)はどうですか?
しっかり観察してみてください。
そこに油断はないか?

GOGO!リーダー!!
ちなみに、このリーダーは現実に気づき
メンバーに対して適切に関わり始めています♪

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。