「ズルして何が悪い?!」って

Pocket

瀬戸口です。
「ズルして何が悪い?!」
日々100通以上は入ってくる迷惑メールのタイトル。
すごく目に付いたので、扱ってみようかと
さて、あなたはこれにどう答える?
究極を言えば、「別に悪くない。」ですよね。
それが犯罪行為なら別ですが。
今の日本は色んな自由が保障されているので、個人の自由
ってことでは問題ないでしょう。
また、「ウソも方便」って言葉もあるように
「ウソはダメ」と言いつつも、肯定するという矛盾を抱えた
生き物である人間なので、「ズルはダメ」と言っても
「しても良いズルもある」とかって言うこともある。
と、ここまで書いたら「瀬戸口はズル容認派か?!許せん!」と
色めき立って刀に手がかかった人がいるかも(爆)
きっぱり言っておきますが、
私は「ズルはしてはいけない派」です。

なぜならば、ズルは自分をダメにするから。

ズルして得た結果は、その時は良いかもしれないけど、
結局実力ではなかったりするわけで、同じような結果を
求められて焦ることになったり、ズルし続けるしかない。

また、ズルして結果を手に入れるクセがつくと、踏ん張れ
なくなる。ってことは、自分の能力を最大限発揮することが
出来なくなる。
その結果はというと、伸びなくなる。

私たちは少し厳しい状況にいると成長する生き物です。
ぬるま湯につかっているとそのままか、もしくは縮んでしまうのです。

踏ん張ることを自分にさせないといけないのです。

そして、もっとも私が重要と思う理由はこれです。

誰が見てなくても自分は知っている。
誰にも気づかれてないかもしれないけど、自分は知っている。
ズルしたことを
そのときは良いかもしれない。
でも、後々その「ズル」が自分を責めることになる。
ズルして得たポジション。 ズルして得た豊かさ。
ズルして得た快適さ。 ズルして得た恋人。など等。
自分の中の良心」がいつも自分を観ているのです。
ま、ズルしても死ぬまで清々しく生きていけるなら良いですよ。
       
ズルしそうな時、自分に問いかけてみてください。
「これをしても清々しく生きていけるか?」ってね。
しかし、そんな人は居ないと思うけどね。
本当に清々しく生きていける人なんて。

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください