「人前で話す」が苦手なアナタへ

Pocket

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


もう、本当にどうにかしないと・・・

ポジションアップしたことで、

人前で話す機会が増えたあるリーダー

しかし、人前で話すのが大の苦手

どうしたもんやら・・・とのご相談。

状態としては


聞いている人と目を合わせられない

手足がガクガク、震える

 

ご自身でどんな対策を取っているかというと

原稿を持って話をする

 

これのメリットは

緊張して頭が真っ白になった時対策としては最適。

また、その時の為のお守りとして持っているだけで、

緊張が和らぐという効果も期待出来る。

一方、デメリットは

棒読みになりやすいので、聞く側の興味が薄れ易い。

内容が伝わりにくいし、記憶にも残りにくい。

また、頼りない感じを持たせてしまう恐れもある。

更に、突発的に話しをしないといけない場では

原稿を用意出来ない。

で、案の定、部下から

もうそろそろ原稿は止められた方が・・・

という言葉が。

そこで冒頭の言葉になるわけです。


なぜに故に緊張すると


真っ白になる

 

言葉が出てこなくなる

 

いつもは出来ることが出来なくなる

のか?

理由

周りとコミュニケーションしてしまう

 

別の言葉で言うと

評価とコミュニケーションしてしまう

これで何が起きるか?

自分とのコミュニケーションが切れる

 

これが一番の問題!

●自分とのコミュニケーションが切れる

イーコール

幽体離脱状態(笑)

心ここに在らず。

戻って来てー!って状態です。

一方、

●自分とコミュニケーション出来ている

イーコール

自分が自分に居る

 

    ↓

 

能力が適切に発揮出来る状態

 


 

なので、原稿なしでも自分の中から話すことが湧いてくる

ってなことを話して、

評価とコミュニケーションを始めたら自分に戻る

を課題として取り組んで頂くことにしました。

試す機会はどんどん有りますからやってみます!

 

とセッションを終わられました。

さて、どんな結果になるか?!

楽しみです♪

人前で話すが課題のアナタもぜひ参考にして

みてくださいませ。

GOGO!リーダー!!

 


ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。