「阪急電車」

Pocket

こんばんは、塚田マコです。

話題の映画「阪急電車 ~片道15分の奇跡」を観てきました。

本の虫の私にとって、原作(もちろん先に読んでいた)を超える映画に出会うことはなかなか無いのですが、この映画はとーっても良かったっ!!

阪急沿線に住む私にはあまりに身近で、この辺に住む人だけが観に行くようなローカル映画なんだろうな~などと大きな思い違いをしていました!!(どんなパラダイム?!)

ところが東京に住む友人から”有楽町の映画館が満席だったけれども観に行って良かった~~!!”という話を聞き、空き時間にふと思い立って観に行ったら・・・・

始めから最後まで泣きっぱなし得意げ いやホンマに。。

人を泣かせようという作為は殆ど感じられず、でも 泣ける・・・しかもかなり号泣系・・・ショック!

それは何故か。

市井の人が生きていく、大きなドラマがある訳ではない日常の中に、誰しもが感じる些細な、でも実は大きな辛さが描かれているから。

そしてそれが「あっても良いよ」と伝わってくるから。

更には「そしてそれ(課題)は乗り越えられるんだ、人生って捨てたもんではないんだ」と映画全体で伝えてくるから、なんですよね。。。

人は誰しも、「そんなこともあるよ」と言って欲しいことを抱えていて、でも正論ではそんなことは「あり得ない」社会性の中で生きていて、そのジレンマがとてつもなくしんどい。

正論をかざされたら、「言われんでも分かっとるわい!」と負のエネルギーが余計増大する。。。しょぼん

そんな時「そんなこともあるわよ」と後ろから誰かが言ってくれたらどれだけ救われるか。

そしてその救われた気持ちが、自分で自分をフラットに観る立ち位置に戻して行くんですよね。

私達もそうしたお手伝いが出来れば本当に幸せだと思い、トレーナーをやっています。

映画「阪急電車」、コミトレそのものの映画です。

映画自体がトレーナー。

よろしければ是非ご覧になってみてください。

/tkd

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください