うさぎ と マツコ

Pocket

こんばんは、ツカマコです。

またまた新刊を買ってしまいましたドキドキ

「うさぎとマツコの往復書簡」

コミトレで自問自答力をあげて人生を楽しむヒケツ!

先日のブログでも書いたように、マツコ・デラックスさんの「世迷いごと」が面白かったので 引き続きこちらの本を買ってみました。

まあ~ すごいわ目

私達のコミトレは言うなればトレーナーのセミナーやセッションを通して自分と自分のコミュニケーション(自己探求・自問自答)を深めていく(ことを知る)ものですが、こちらは往復書簡というものを通し、相手から「指摘」を受けることで自己探求を進めていく形。

そしてその「指摘」が時に批判的であったり攻撃的であったりしますショック!

だから普通であれば、そ~~と~~痛いであろうシロモノ。

もちろん、そうした応酬を本にするという「商売」でやっているので一般的なコミュニケーションと単純比較をすることはできませんが、それにしてもこのお二人ともそれ相応の覚悟をしてされているだろうなあ、と推察するような内容です。

内容そのものをみてもコミトレで取り扱う観点と似ているものも多く、例えば「思い知る=腑に落ちること」の深さについて語っていたりします。そういう意味でも大変面白いですね~ニコニコ

それにしてもかなり激しい内容ですがその激しさゆえに、一番感じるのは、このお二人の間にある「信頼の架け橋」の存在です。 信頼の架け橋とは心理学用語でラポールとも言われています。

自分にとって耳の痛い指摘であっても、本当に信頼している相手からの言葉であれば人間素直に受け取ることが出来ます。

この「往復書簡」では痛烈な指摘が行き交いますが、根底に横たわる信頼と愛があるのを感じるから、互いに互いの言葉を受け取る事が出来ているし、また読者も安心して読むことが出来るのだろうな、と思います。

翻って私達の日常的なコミュニケーションにおいて、この架け橋が無い、あるいは自分だけが架かってると思っているような状態で、相手の心に突き刺さる言葉を出してしまうことが多いのではないでしょうか。

ええ、私がその筆頭叫びだったので本当にそう思います。ああ、私の友人の皆さん、スミマセンでした~!!!

まずは、「信頼の架け橋」の存在と重要性を知ること、そして自分に出来るベストの形で信頼の架け橋を架けるようトライしてみること。

ほんの1ミリの小さなトライ(&エラー)の積み重ねを続けてみましょう。そこには必ず1ミリの変化が生まれます。

/tkd

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    私もついつい、ストレートな表現が多いので、
    友人らを傷つけているのかな???とちょっと反省。
    語彙力が少ないのが、きっと問題かも?!と
    思い、あまりに思いやりすぎると今度は言葉が
    でなくなってきたり。。。
    コミュニケーションって面白いですね♪

  • SECRET: 0
    PASS:
    >happy dreamerさん
    こんにちは。
    もしかしたら、自分の「言葉使い癖」を観察してみると
    良いかもです。
    私が思うに、私たちは洋服と同じようにそれぞれ、
    言葉のワードローブをもっていると思うのです。
    洋服を例にとると、取りやすいところにあるもの頻繁に
    使っているとか、使いやすいから手前にあって、
    手前にあるからつい使ってしまうって感じだと思うのです。
    だけど、ワードローブの中には他にも洋服があるのに、
    使ってないだけ。
    言葉使いも同じ。
    ただ、手前にある、無意識にいつも使っているものを
    何気なく口走っているだけ。
    他の表現も言葉も知っているはず。
    使ってないだけ。
    自分の言葉使い癖に意識を向けると、表現のバリエーションは
    増えると思いますよ。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください