こんな蜜の味の餌食になってるかも?!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



自己否定・自責は蜜の味



この感覚掴めますか?



あるクライアントはこれに陥って能力を発揮しきれない


今まで色んなプロジェクトに取り組み、目覚ましい成果を

挙げて来られた。


今回のプロジェクトでも当然上手く行く! 

やれる!と自信満々でいらっしゃった。


しかし、どうも今までのようには行かない。

勝手が違う。


戸惑いが自分の能力への疑惑になり混乱状態


全くご自身が機能しない状態になっている。



自分を疑う = 能力を閉じる

アナタはこんな状態になってませんか?

その結果は、自分を疑い否定した結果かもしれません。


自己否定


能力を奪う大きな要因のひとつ


そりゃそう、自分という存在を否定するなら、

その自分は、能力を発揮する意味がない


存在を否定されているのだから。


しかも、自分に


自分の持てる力を

存分に発揮して生きたいと願う(思う)なら


自分を勇気づけ元気づけ応援する


この質のコミュニケーションを磨く必要がある。


こんなこと解っている。という方も居るかもしれない。


では、人はなぜ自己否定を止めないのか?

それは、


自己否定・自責は蜜の味


だから。



自己を否定し、攻撃していると


何かやってる感



自分を前進させてる感


を味わう。


しかし、これは幻覚・幻想・思い込みであって

自分を前進させるどころか能力を閉じ動けなくする。



アナタは蜜の味の餌食になってませんか?


GOGO!リーダー!!











会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。