こんな責任の表し方もありかも

Pocket


人気ブログランキングへ


リーダーを応援する瀬戸口です。



どうしようもなく気持ちが落ちている

こんなことではいけない


と思いつつも、どうにも出来ない


そんな状態になったことないですか?


クライアントの中にもこんな言葉でセッションを

始める方が少なくない。


リーダーだって人間ですから、こんなことあります


コミュニケーショントレーナーの私にもあります。


在って当たり前


ですが、この状態が長く続くのはよろしくない。


自分がしんどい というのは勿論ですが、


リーダーの状態が組織に反映される


という質があるというのは何度もこのブログでも

言っているのピンとくる方もいらっしゃるでしょう。




な~んだか、みんな活気がない。

動きが鈍くなっている。

悲観的なものの見方、言動がはびこる。

チャレンジしなくなる。


てな具合。


こりゃマズい

とっととこの状態を抜ける必要があります。


実際、私が元気を失いチャレンジしなくなると、

途端にクライアントさんが前進しなくなる。


面白いくらいに伝播します。


ということで、とっとと抜けるというのは、ある意味、


リーダーとしての責任の表し方の一つ


と言える。


じゃ、どうするか?


スポーツジムに行って汗をかく。

飲みに行く。

趣味に没頭する。

カラオケで大声で熱唱。

子どもとじゃれる。


等など、ご自身のやり方で突破されているでしょう。


がしかし、いつもの方法がでも突破出来ない時は、

こんな方法も在りです。


必要なものは、紙とペン

これだけ。


これを使って自分と会話する


例えばこんな風。


1.なーんか最近元気ないな

2.うーん、そうやな。

1.なんでや?原因はなんや?

2.うーん、自分でもイマイチ解らん。こんな状態あかんとは

  思ってるけど。

1.どうにかしたいけど、イマイチ解らんか。

2.うーん。解ればな~、どうにか出来るかもしれんけど。

1.イマイチ解らんけど、これかも?ってのがあるとしたら?

2.うーーん、もしかしたら○○が気にかかってるかも。

1.それの何が気になる?


このように自問自答していると、それらしきモノ(原因)が

明確になってくることがあります。


書き出す作業としてはラフで良い。

書いてるかどうかも解らないくらいのラフさで結構。

大事なのは、自分の本当の気持ちを表に出すこと。


実はそれ自体も重要でなくて、何が原因で落ちている?

気持ちと寄り添うことの方が重要。


問題が直接解決しなくても、なんだかすっきりしてくる。

不思議ですが。


組織・部下にパワフルな影響を与え続けるたいと思うならば、



どんな手を使ってでも、

自分をさっさと整える。

最善の状態にする!



こんな観点もリーダーの責任の表し方も在りかも。



GOGO!リーダー!!



ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。