それじゃ部下はついて来ないですよ。になってませんか?

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。
それはないな。
相手は、そんなこと考えてないですよ。

あるセミナー会場で参加者のお一人から出た
言葉の一部(笑)
一部ってことはどういうことか?というと、
この方、こちらが言い終わるか終わらないかの
タイミングでどんどん返して来られる。
間髪入れないスピードです(笑)
しかもほぼ、否定形で(笑)
早っ!! です(笑)
少し会話しただけで、否定の山が出来ていました(爆)
これ、私は講師という立場だし、しかも
コミュニケーションを取り扱う専門家です。
なので、早っ!!とか言いつつ、笑えますが
多くの人は不快感を持ちます。
ましてやリーダーが部下に対して
こんな
コミュニケーションをしていたら、
意見もアイディアも
出てくるどころか、
隠してしまいますよ。


この方は現在はリーダーではないですが、
リーダー気質満載。
ビシッとなさってるその姿に隙はなし!
見るからに優秀そう。
立ち居振る舞いに品格もある。
この方に間違いはない!と思わせる雰囲気。

そんな人から速攻&否定のコミュニケーション
どんどん繰り出されたら、周りは黙るか恨みつらみを
募らせるだけ。
しかし、
の参加者もそうですが本人はまったく気づいてない。
そんな状態であること、相手にどんな感情を創っているかなど
掴めていない。
私がフィードバックしたら、えっ?!と驚いてらっしゃいました。
その辺りから少し聴いて頂けるようになって来ましたが。
さて、話しを戻すと
リーダーが速攻&否定のコミュニケーション
をし続けていて部下や組織は
良い方向には向かいません。
まったく機能しない組織になってしまいます。
そこで!
★気をつけるポイントは

否定形  間髪入れない速さ

こんなコミュニケーションになってないか?です。
GOGO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。