ちょっと多すぎるだけですから

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



なんとかしてあげたい。

力になりたい。

問題を早く解決してあげたい。



こう思うのは人情。


人は人の役に立ちたい。


子どもでも「ありがとう。助かったわ」と言われると

嬉しそーな顔をする。


大人なら尚のこと。



人間は貢献したい生き物。



その気持ちが多すぎたり大きくなり過ぎると、

悩んでいる人や同じことにつまづいている人を見ると

苛立つ。


なんで?!前に言うたやん!! 

またそんなこと言ってるの?!

もう、知らん!!



助けてあげたい。

楽にしてあげたい。

笑顔にしてあげたい。



と思ったその相手を攻撃することになる。


そして、貢献心が強い人ほど、親分肌の人ほど

相手を攻撃した自分を責める。



ちょっと引いて観てみよう。



なんとかしてあげたい。


その気持ちは在る。はず。



ただ、それが大き過ぎただけです。


ただ、強すぎただけ。



自分の気持ちに意識を向けてください。


なんとかしてあげるという行動ではなく、

なんとかしてあげたいという気持ちがむくむく

湧いてきているのを観察ことに意識を向ける。



そしたら、反応で相手を攻撃する回数が減りますよ。


会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください