なぁーんか、みんなおとなしくない?!どうしたんだー?

Pocket

なぁーんか、みんなおとなしくない?!どうしたんだー?

最近、こんなことを思うわけです。
世の中、なんかおとなしくなってる感じがする。
特に関西人。
前はもっと関西人特有のパワフルさというか、エネルギッシュさがあったと思うんだけど、今はなんだかこじんまりとおとなしく納まってる感じがする。
そう思いませんか?これ私だけ?
良くも悪くも個性があったというかね。
タダでは起きない!っていう、貪欲さというかそういうエネルギーがあったと思うんです。
最近、クライアントを観ていても感じる。
以前は、【取りに来ていた】
なにか掴んで帰る!!という勢いのような自主性や積極的な態度があったのだけど、今はどちらかというと受け身、受動的。
【果報は寝て待て】
このことわざの意味を取り間違えている人も増えているように思う。
***
やるだけのことやったなら、最善を尽くしたなら、ジタバタせずにいなさい。
ジタバタと不安がってもしかたない。やり尽くしたなら運を天に任せるくらいゆったり構えなさい。
***
って意味ですよね、これ。
ポイントは、【尽くした】ですよ。
悔いの残らないようにやり尽くしたのか?という確認でもあると思うんです。
まだ、やれることが残っているなら、やりなさい。それをやらずして、寝て待っても欲しい結果は手に入るはずがない。
という教えですよね。
この教えの意味を取り違えて、待ちの姿勢の人が増えてるように思う。
ここに危機感というか、それで良いのか?!関西人!?日本人?!という思いが湧くんですよ。
なぁ~んか政治家みたいな話しっぷりになってますが^^;
とはいえ、そうなるのも解るっちゃーわかる。
これだけ情報が溢れていたら、何がなんだかわからないうちに色々入ってくる。
入れようと思ってないけど、入ってきている。
自主的に積極的に取りにいかなくても良いという状態が続いている。
それに慣れてしまっている。
これが原因だろうと。
しかし、これだと自分が必要としているものかどうかも解らないけど、無差別に入ってきたものに時間を割くことになる。
なんとなく、それを試していたりする。
ここが問題!
【なんとなく】なので、あいまいな結果しか出ないし、解決もしない。
日々の人間関係での問題、仕事で起きるトラブル、このようなものを解決するのは【なんとなく】では解決しない。
やっぱり、自主性、積極的な態度が必要なんですよ。
自分の人生に起こる問題やトラブルは自分でしか解決できない。
誰かにどうにかしてもらえる・どうにかしてもらうのは子どもだけです。
それは「○○ちゃんにはまだ、その能力がないからね」ということで、親や周りの解決能力を発揮できる人が肩代わりしてくれるんですよね。
大人に対して、「肩代わりしてやろう」言ってくれる暇な人はいないんですよ。みんな自分の人生でいっぱいいっぱい。
自分の子どもや保護すべき身内のことで手いっぱい。
自分のことは自分でやる
あまり前ですが、そういうことなんですよ。
でも、いまいちその姿勢にない。自主性や積極的な姿勢ではない。
こんなこと言ってたら、「自主性や積極的な姿勢はどうやったら生まれるの?」と訊かれたりしますが、
「自分でスイッチ入れ替えるんです」
と答えます。
誰かにやってもらわないとスイッチを入れ替えられないわけじゃない。そんな不自由なことじゃない。
自分で自由にスイッチを入れ替えれるんです。
ここが重要! ⇒【入れ替えれる】んです。
【人生に前のめり】
くらいの姿勢で今の世の中はちょうどなのかも知れないと思ったりします。
それくらいであれば、充実感や満足感を抱けるんだと思うんですよ。
ところで、
あなたのスイッチどうなってます???

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。