なぜ他人を変えようとしてはいけないのか?

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

なぜ他人を変えようとしてはいけない!


と言われるのか?
自己啓発系のセミナーなどでよく耳にする

フレーズだと思います。
「他人(相手)を変えようとしても無理」ってね。
アナタはこれ腑に落ちている感あります?
ま、落ちている感があっても、いざ自分の人生と

なると案外「お前が変われ~~~~」になっている

のが人間。
なぜ他人(相手)を変えようとしてはいけないのか?
なんでだと思います?


そもそも、そんなこと無理なんですけどね。

子どもでさえ、変わらんのに大人を変えるなんてねー。

解りやすいところでいくと


戦いになる
理由としては:

自分を否定されている感じ 
人生を否定されていると感じる
気分悪い
否定された本人はうらみ・つらみを持つ
自分を否定する人の話しは聴かない
自分の人生をとやかく言われたくない
(例え間違っているとわかっていても・・・)
なぜ自分ばかり変わらないといけないのか?と
怒りが生まれる



変わる = 今の自分を否定


という方程式がなぜか誰の中にもあります。


これは自分が自分を変えようとした時にも出てくる。


自分でさえ出てくるのに、他人から「変われ」と言われ

たら、なお一層の否定感を味わうわけです。


じゃ、お手上げじゃない・・・


ということになりますが、これがお手上げでもないです。


人間というのは、言葉と行動が一致している人の

話しは聴こうとする質があります。


言葉と行動が一致していない人の話しは、どんなに

在り難い話しであっても、「ええ話し」と片付けられる。


説得力ゼロです。


ということで、人を変えようと思うなら、まずは自分が

変わることにチャレンジする。


完璧に変わる必要はありません。


変わろうと取り組んでいる


そんな人の言葉も行動と一致しているなら、威力を持つ。



変わることの必要性や変わることの素晴らしさ。


変わることは決して今までの自分(人生)を否定する

ことではない。


などを、取り組んでいる人、言葉と行動が一致している人

が話せば、相手は次第に耳を傾け始めます。


たとえ、その瞬間は反発のコミュニケーションが返って

来たとしても、耳の奥でリフレインしている。


自分を通して、他人に変化を創り出す。


こんな方法もあるのです。


回りくどいように感じるかもしれませんが、結局は

こっちの方が早かったり^-^


GOGO!リーダー!!


会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。