ねばねばコミュニケーション

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



口癖第2弾!


昨日のブログでも口癖を取り上げましたが、

こんな口癖ないですか?



○○せないかん。(○○しないといけない。)



私はこれをねばねばコミュニケーションと呼んでます(笑)



自分にも他人にも四六時中ねばねば言っていませんか?



ねばねばコミュニケーションはプレッシャーを与えることになります。



自分の意志で自発的にやり始めようと思ったことも、

ねばねば言いはじめると義務に変わります。



バイタリティが生まれてくることはありません。



下手の横好き

好きこそ物の上手なれ



なんて言葉もありますが、気持ちが軽やかであれば

どんどん能力を発揮するっちゅーことです。



ねばねばコミュニケーションでは軽やかになりにくいですよ。



アナタやメンバーが能力を発揮する為にもこの口癖にも

意識を向けると現実が好転しやすいですよ。







会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。