アナタの会議は大丈夫?

Pocket

 

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

toukou2  何のための時間かわからないんですよね!!

これはある方が話された時に印象に残った言葉

自分の会社の会議についての不満

アナタの会社の会議はどのようになっていますか?


出来るだけ効率よく実りのある時間にしたい

と誰もがおもっているはず。

が、現実には結構、時間をかけている(時間を食っている 笑)ことが多かったりするのでは?


 
●時間がかかる原因として

*司会者がいない

 話しが議題とは離れる(あっちこっちに散ってしまう)。その都度、違い話しに没頭してしまうなど等

 

*司会者自体が話しを散らかす

 案外多いのがこれ

 

*司会者が段取りを考えずに会議に臨んでいる

 これも案外多い。問題定義、意見を引き出す、意見をまとめる などの時間配分を考えていないと最後はやっつけ仕事になる

といったことが考えられますが、どうでしょうか?

 

どれかに思い当ることがあれば、参加しているメンバーや部下たちは「勘弁してほしい」と会議に対して優先順位が下がってしまう、すでに下がってしまっているかもしれない。

 

そして、冒頭の言葉をおっしゃった方の会議では

司会者の段取りが悪いのに加え、リーダーが最終的な答えを持っていて今までの話(意見)はなかったかのように

「じゃ、○○で行きましょう」

と会議を閉めてしまった・・・

そこで、冒頭の言葉になったわけです。


もちろん、リーダーであるアナタは答えを持っているはずです。

それはそれで当然です。

が、メンバーの立つ瀬やそこにかけた時間と労力を無視するようなことになっていたのでは、モチベーションは下がりまくりです。

メンバーの意見を絶対に採用しないといけないわけではないですが、しっかり立つ瀬を創るコミュニケーションは心掛ける必要はありますよね

 

GOGO!リーダー!!

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください