ショックは成長への良薬

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。
3年ほど前に研修セミナーに参加して依頼、
個人セッションを続けてこられたクライアント。
やる気と熱いパッション!の持ち主です。
時にその熱さが相手を焼いてしまう程の
コミュニケーションになってしまうのを改善する
のが目的の一つでもあった。

先日のセッションの時
ものすごい大きな気づきがあったんです。
ま、ショックだったんですけどね。

と。
何か?と思って聴いていたら
2月にファシリテーターの研修セミナーに参加した時に
自分の番になって、本当にダメだったんです。

コミトレも勉強してるし、絶対出来る。
簡単やと思ってたんですがね。
自分の思い通りにしたい、
自分の思っている結果に持って行きたいってのが
どうしても出るんですよねー。

と。
ちなみに、ファシリテーターというのは、会議などで
どんどん意見や色んな方向性を出させて、最終的に
機能的な結論を見出す為の指揮者のような役割。
自分の意見を持ち出してどうのこうのするという演奏を
してはいけない。
あくまでも引き出す係り。
このクライアントは、熱きパッション!があるだけに、
引き出し係りは苦手。
アナタもこういうタイプではないですか?^-^
このクライアントは、今回の体験から
従業員に向かって同じことをしてるんじゃないか?
と、自分を客観視するきっかけを得た。
そこで、やってる自分を観た。
わけです。
コミトレの個人セッションを受けて成長している自分を
感じていただけにショック。
でも、そのショックが気づきとなり新たな成長へのステップ
になっている。
その証拠に、ショックだったと言っているわりには、
清々しい表情
をなさっていました。
ショック

悪いことではありません。

GOGO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。