ブッダの言葉

Pocket

 
ブッダの言葉  「大般涅槃経」より
心を慎み、怠けないこと、これを甘露(不死)という。
怠けて慎みがないこと、これを死という。
もし怠けなければ、不死の理<ことわり>を体得し、
もし怠ければ、つねに死への道へ赴く<おもむく>。
うーん、なるほど。こりゃ深い。
こんなこという大人が居たな、昔は。
ってことは、日本人は本当によく勉強していたということですなー。
勉強しようと思ったわけでなく
、「日常の中で受け継がれた教育」
ってことですね。

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください