リーダーとして大事にすべきこと

Pocket

リーダーとして大事にすべきことは?
と問われたらアナタはなんと答えますか?
 
それぞれ経験したことから「これ!」というものを持って
いることでしょう。
逆にいうと、「これ!」がないのであればちょっと困った
ことになるかもしれませんので、まだ「これ!」がない方は
しっかり考えてみましょう。
そうすると、リーダーとしての軸がしっかりしてきます。
さて、せとぐちが大事にしていることは、研修などでも
お話している「リーダーとしての在り方集」があります。
今日はそれとは違ったことをシェアしようと思います。
リーダーとして大事にすべきこと
*仕事を振る
*コアメンバーの結束を創る
*誰も悪者にしない
今日はこの三つについて
まず、
「仕事を振る」これは多くのリーダーが苦手とするところです。
注意していないと、ついつい自分でやってしまいます。
ここは注意しておくことです。
「注意しても振れない」のであれば、
そこに癖(コミュニケーション上の)があります。
癖づけし直す取り組みをしましょう。
 
続いて「コアメンバーの結束を創る」
ここで大事なのは【情報共有】です。
一番身近で支えてくれる人たちです。
しっかり尊重することです。それには情報共有が効果的です。
情報共有の順番を間違えると結束は創れませんからね。
 
最後の「誰も悪者にしない」
集団の結束を創り出すのに一番簡単なのは「誰かを悪者にする」です。
が、それは一時的な結束を創るだけで、脆弱極まりなし!です。
リーダーが誰かを悪者にする、もしくは悪者にしているのを見過ごしている状況を他のメンバーは観ています。
『この人(リーダー)はこんな風に人や事柄を扱う人なのか。明日は我が身・・・』
と観ています。
そんな関係では、ここぞ!という時に簡単に崩れます。
組織を手っ取り早くまとめることは出来ても、全く機能的ではありません。
 
誰も悪者しない
かなり重要です。
そしてこれはコアメンバーにも周知が必要ですよ!
 
GOGO!リーダー!!
 
個人セッションはこちら
「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。