リーダーを目指す方が取り組むべきポイント!

Pocket


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



これどうしようかと思ってるんです・・・



来年、自分のポジションを部下に渡すべく

取り組んで来ているリーダーの口から出た言葉。


当初は部下が年齢が近いこともあり、リーダーからの

指導を素直に受けることが出来ず、反発ばかり。

リーダーのイライラも募っていました。


が、セッションで取り扱かったことを実践することで

部下の態度に変化が出始める


何をどうしたか?というと


・ポジションを渡すつもりがあることをしっかり伝える

・その上で、部下本人の課題をがっつりばっさり伝える

・味方であることを言動からしっかり伝える



ということを実践した結果、逸脱した言動が減り、

リーダーを補佐して課内を取りまとめるような

動きに変わってきた。


これにより、課内からの信頼を得始め、

「次は○○さんが課長」という体制が取れ始めている。


これ、かなり重要です。

同列で働いていた人がリーダーになる場合

思わぬ反発に遭ってしまうのは、このような体制作りが

出来ていない場合が多い。


同列の時はそれで良かった。

しかし、リーダーならそれではダメ。


要するに、リーダーに要求するものは、同列でいた

時のそれとは明らかに違う。


ポジション名が変わり、座る位置などが変わるから

メンバーがついてくるのではない。



この人がリーダーだ


という納得感をメンバーの中に創らなければ、

組織は運営出来ない。


ということで、ここをかなり重点的にトレーニング

してきた結果、この点はクリアしているようです。



が!それだけでは、組織運営は上手く行かない。


何が足りないか?


上司や先輩課長連中からのオボエがよろしくない。


「○○くんが次期課長は解ってる。が、あいつはな・・・・」

「仕事は出来るけどね、あれじゃ~ね・・・・」

「もう一期、君が課長を続けてくれないか?」


ってなことを言われて困っている。


折角、トレーニングしてきたのに、

課内もまとまって来たのに・・・


直上であるリーダーには、素直な態度で接することが

出来るようになったものの、その上の上司や周りの

課長連中には、感情をむき出しに関わってしまっている

らしい・・・・


思わぬ課題出現に、困惑するリーダーです。



と言うことで、今日はリーダーを目指す方に

是非知っておいて頂きたい!


リーダーとしての器が整っていなければ、いくら順番が

来ていても、いくら仕事が出来ても、アナタのリーダーが

アナタにそのポジションを渡しにくくなる。


手に入れたいものを阻害するのは

自分だったりする。



GOGO!(次期)リーダー!!


ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    公務員もそうですが、多くの会社も、人事部や人事課があり、そこが人事権を握っているため、上司が部下を自分のポストに持ってくることはできないのではないかというような私のイメージがあるのですが、実際に、ほとんど人事権を持たない上司が部下を納得させるためにはどうしたら良いのですか?このブログのような手段は使えないと思うのですが・・。

  • SECRET: 0
    PASS:
    リーダーに対する考え方の一つとして、独楽を例にしますと、独楽は芯があるから回転する事が出来ます。
    組織もこれと同じで、芯(リーダー)があるから運営できますが、この芯は本芯でなく仮の芯であることを忘れてしまいますと、回転は止まってしまいます。
    「動の究極は静」ですが、独楽も力が有る時は止まって見えますが、回転が遅くなりますと楕円運動になり最後には止まってしまいます。
    会社も芯を社長との考え方も有りますが、社長で無く、お客様を芯に据えている会社は景気に左右されずに健全に運営出来ている事を肝に銘じる必要があるのではないのでしょか。

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは 米Pです。
    これが…私のポリシーです。
    私も上司や役員クラスに
    言いたい事を言ってしまうタイプなので…
    上司からも、生意気な奴だと思われてるでしょうネッ。
    上司の言われた事を…
    そのままするのが嫌いな天の邪鬼なものですから。
    ですから…
    毎回、真剣勝負です。
    今のところ、
    結果や成果は…
    ギリギリセーフな様なので、ある程度は…任されているみたいですがねぇ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >公務員からの転職/起業のモチベーション創造人@加藤聡さん
    なるほど。そういう場合は、このブログの内容は当てはまりませんね。
    自分のポジションに座る人間をトレーニングすることが出来ない場合ですね。
    うん、ということはですね
    「どこに行ってもリーダーとしてしっかりやって行ける状態を創る」
    という意図を共有するという感じですかね。
    これって組織に横たわるセクショナリズムを乗り越えて、組織を「全体」と捉えてトレーニングするということですね。
    実はこれが本来の姿ですよねー。
    うーーん、そうか。新たな探究をさせて頂きました。
    触発の質問に感謝です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >フサ君の思考の部屋さん
    なるほど。
    意図がどこにあるかによって結果が変わるということですよね。
    社員の意識を社長に置くか、お客様に置くかによって、結果は変わる。
    ついつい、上司の評価を良くすることに意識を向けてしまう私たち。
    気を付けておかないと!ですね。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください