上手くいかないを創るメカニズムと対処法3

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です



先週に引き続き


上手くいかないを創るメカニズムと対処法の3


です。

先週は

1、成功体験恐怖

2、想定外

というメカニズムと対処法をお話ししました。

今日は、

3、ダメージへの準備というメカニズム

私たちは、何かを始める時に先回りをしたりします。

どんな先回りか?

失敗への準備

要するにダメだった時の為の準備です。

まず、このような先回りをする人の傾向として、

物事は上手くいかない

という前提を持っていることが多い。

先週のブログにも書きましたが、この前提がある以上

確実に物事を上手くいかせなくします。

なので、過去の経験も失敗の連続。

そうすると、どうせ上手くいかないという思いは

更に強化される。

こんなことを繰り返している人が非常に多い。

かく言う私もその中の一人でしたが(笑)

強化された思いが強烈であればあるほど、それに対する

備えを固めたくなるのが人情。

なので、始める前からダメージを想定して、

がっかりしないように、傷つかないように準備を固める。

例えば

良いことは長続きしない

と思ってみたり、

上手く行きすぎて怖い

などと言ってブレーキを踏み始める。

どうやら調子に乗ったら失敗するというトレーニングを

積んでしまっている。

調子に乗ったらあかん!と思ってる方は、この傾向が

強く出ると思われます。


困ったもんですが、いつも欲しい結果を邪魔するのは

自分のようですよ。

周りの人やメンバーがこんな風になっていませんか?

また、アナタ自身がこのような状態になっているので

あれば、こんな関わりがおススメです。

調子に乗って失敗したとしましょう。

どうなるか?


答え


ただ、失敗するだけ。

心が痛いだけ。

悲しいだけ。

悔しいだけ。


死にはしない

自分はそのまま存在している。

存在しているのであれば、また取り組み直したら良いのです。


前回の経験(失敗)を活かして、成功を創り出せば良いのです。

良いことは長続きしない 

とか

上手く行きすぎて怖い

などとダメージを想定し始めた時には、

こう言い聴かせましょう。



大丈夫、大丈夫! 死なへん、死なへん。

(大丈夫、大丈夫! 死なない、死なない。)


GOGO!リーダー!!


会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。