不満をぶつけられようが!!です

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

リーダーなんだから○○くらはして欲しいですよねー

 

コミトレを学ぶ人の中には、上記のように
自分のリーダーに対してリーダーとしての在るべき論を表現される時があります。

学んでいればこそ、リーダーの中にコミュニケーション上の不具合を見つけてしまう。

それが不満となって口から出る。

その不満をぶつけられる(正確には不満な雰囲気をかもしだされる)リーダーも同じようにコミトレを学んでいれば、学んでいればこそのやり難さがある。

互いに手の内を知っているというやり難さ。

 

もし、リーダーがコミトレを学んでいなければ、単に生意気なヤツだと不快に思うかもしれません。

 

いずれにせよ、リーダーとしてはプレッシャーを感じるのは確か。

 

こんな体験をしたリーダーたちは、コミトレに対しての抵抗感を出したり、ちゃんと出来ない自分を責めるということになったりします。

これは由々しき事態です。

 

本来コミトレは、適切なコミュニケーションセンスを学び円滑にそれぞれの能力を活かすためのものですから。

 

そこで、冒頭のような言葉が出てきた時に私はどう返事をするか?

 

受け取りました。

リーダーにはリーダーの課題があり

あなたにはあなたの課題がある。

他人のことをとやかく言う前に

【リーダーに何かを要求している自分】

【要求せずにいられない自分】は何者であるか

そこを自分の課題として探究し、こんなことに

引っかからないで済むように成長することです。

 

部下がぶつけてくる不満は部下自身の課題の現れという側面もあります。

だからと言って、無視していいとは言いません。

 

たとえ、学んだことが活かせていなくても、
理想のリーダーとして崇められなくても、
怯むことなく、ブレることなく
アナタはアナタの課題に粛々と取り組むことです。

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください