人材育成で、この確認は必須事項です!!

Pocket


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


自分がなんとかしなければ・・・


ここに陥って絡まったリーダー。


事業拡大の為、今年新たに一人の部下を責任者として

動き始めた。


が、思いに反して、責任者としての行動とは程遠い状態。


しかし、現状のメンバー構成を見ると、彼以外には居ない。


そこで、コミトレを駆使してトレーニングで育てることに。



コミュニケーショントレーニングを学び始めて

約4年のこのリーダー。


しっかりコミトレセンスを掴み、かなり使いこなして

いらっしゃいます。


が、しかーし!

          

絡まったのはこれも大きく影響している



私が提供するコミトレの根幹の一つ


他人の事より、自分の事!

 他人の事は見えやすいからとやかく言いたくなるが、

 他人を変えようとしても、変わらないし反目しあうこと

 になるだけ。そんなことにエネルギーを費やすより

 まずは、自分を変化(成長)させて、相手を扱える自分

 になることを目指す。という意味。



このセンスが沁み込んだこのリーダーは、


まずは自分。

まず、相手の能力を引き出せるような自分に変わる!


ここに一生懸命取り組んでいました。


これはこれで素晴らしいことですが、一つ大きなミスが・・・


ここをミスると相手は全く能力を発揮しないし、成長しない。


それは何か?


確認


何の?


相手にその気が在るか、無いか。


人材育成をする場合、部下やメンバー自身に

成長する気、ポジションを上げる気が本当に在るか?


要するに、

リーダーの指導を受ける気が在るか無いか?


ここを確認する必要がある。


そんな確認要る?

そんなの当たり前でしょう~~


とおっしゃるアナタ。

それでは苦労するかもしれません。


世間一般的には、当然その気はあるとみなされている


が、現状は違う!


案外曖昧ですよ。その気っては。


なので、

人材育成が上手く行かないとお悩みのアナタは

こんな観点を見直してみると変化が起きるかも?!

です。


その気が在るか?


この確認は必須事項です。


GOGO!リーダー!!


ちなみに、

コミトレは多くの観点を開き、モノの見方を変えることで

問題を解決し、課題を突破する。


そのセンスを掴んでいるからこそ陥る。


まだやれることがあるのでは?

自分の取り組みが不十分なのでは?


というまだまだループに・・・・



どんなに優れたツールも適切な使い方をしなければ、

機能は発揮出来ない。


というのも、今回のテーマには含まれていると観ています。







ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

8 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは 米Pです。
    私の基準は…
    仕事対する取り組み方(熱意)で、判断してますねぇ。
    自分から積極的な者。
    職人気質な者。
    指示した事しか出来ない(やらない)者。
    指示した事も出来ない(やらない)者。
    部下達にも…色々いますしネッ。
    しかし、最近!?の方々は…年齢問わず
    …責任を負う事を嫌がりますねぇ~。
    面倒くさいらしい様ですが…(汗)
    昔で言う…
    『気骨のある人』が…
    皆無に近いのは…
    残念ですねぇ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    本人のやる気も大きな問題ですが、根本にある世の中に対する姿勢も大切ですね。
    「克己心」  己に勝つ、これは嘘である、右手と左手を引っ張ると、命令系が一つだから同等に働く、克己心と云うのは、右手が強いと云うようなものである。
    自分以外の力で能いてもらう、これが断惑。
    克己心は苦痛を伴う、練磨(レンマ)には役立つ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    参考になります。
    いつも読み逃げですみません。
    若手とロートルばかりの課を率いているので
    今回のブログの内容は身につまされました。
    どうしても、自分でしなくては・・・となり勝ち
    です。
    今回のブログを参考にしたいと思います。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >米Pさん
    責任は本来、「能力」を認められた者のみにゆるされたこと。
    このような考え方を教わってないと引き受けたくなくなるようです。
    とは言え、立場を取って頂かないといけない場合もあると思いますから、その時に確認は効果的です。
    これをすると、スイッチが入り易いという傾向があります。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >setochi@リーダー研修・人を育てられるリーダーサポートさん
    文章不足で誠に申し訳ありません。
    少し補足させて頂きます。
    自分の手を組んで、引っ張り合いをしても、必ず利き腕側が勝つ事は有りませんね。
    本来なら利き腕の方が力が有るはずですのが勝つ事はありませんね。
    どちらかが勝つ為には、子供でもいいから力添えを貰えば、利き腕でない方でも必ず勝つ事は出来ます。
    「克己心」もこれと同じで、自分一人の力で行えば、矛盾が出て苦痛が伴いますが、第三者の力添えが貰えれば、苦痛なく「断惑」する事ができます。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください