今朝の日経より 新・関白宣言

Pocket

こんばんは、ツカマコです。

今朝の日経新聞 文化面をご覧になりましたか?

「妻に仕える 新・関白宣言 ◇本来の意味に戻り、補佐役に徹して夫婦円満◇」という記事です。

思わず声に出して笑ってしまった程 Interesting&Funnyな内容でした。

妻の尻に上手に敷かれよう、という世の夫たちが集まる「全国亭主関白協会」の会長さんが書かれており、いわゆる”亭主関白”という従来のイメージとは異なる夫婦仲良くしたいご主人たちが集う会が「全国亭主関白協会」ということのようです。

この「亭主たち」の面白さを読み解く上で、コミトレ的な主な観点はこんな感じでしょうか。

①枠を外した考え方・見方を取り入れようとしているところ

 (「亭主関白」ということについて)

②”ネバならない”がないところ

 (会の気楽さ)

③深刻ではないところ

 (真面目な内容に、笑いの要素を盛り込んでいる)

④”自分で変えられるのは自分だけ”という観点を持つところ

 (「亭主が変われば日本が変わる」が合言葉)

②と③は似ていますが、笑いの要素というのをあえて外出ししてみました。

真剣ではあるけれども深刻ではない、というのは実はなかなか難しいものです。

世の中の、楽しく充実した人生を送っている方達(今回はこの「亭主たち」)には、そこに必ずコミトレのヒントが隠れています。

/tkd

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください