内弁慶?なリーダーの為のバランスポイント!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


昨日のブログで戦国武将のような戦略的な

コミュニケーションも必要って話しをしました。


こういう話しはリーダーのセッションでもしていて

面白いのが


客先では出来るんですがねぇー・・・・・



じゃ、どこで出来ないか?っていうと


社内(家庭)



お客さんには、負けて勝つということは戦略として出来る。

そんなの得意中の得意!

面子なんて横において、必要と思われるコミュニケーション

バンバン出来る。


でも、社内(家庭)ではねぇーーー・・・・



そこで、面子などのエゴが大きく邪魔するってわけです。


人間って面白いですよね。



客先で出来るってことは、その能力はあるってことですよ。


でぇ~も、社内(家庭)では出来ない・・・


っていうか、やらないのです。


やらない!と決めてます。


なので、絶対負けないコミュニケーションを押し通す。



しかし、それがアナタの行くてを阻んでいるんですよ。



だって、内部からの応援なしに物事がうまく行くはずない。


味方を敵にしていてはオチオチ外で戦えない。


後ろから刺されてしまいますから。


社内(家庭)にこそ、

アナタの戦略的コミュニケーション能力

が必要なんです。



ここでの注意ポイントとしては


媚びるのではない。

卑屈になる必要もない。


変に下手に出ることはないのです。

あくまでも武士らしい気高さはそのままで、

結果の為に必要と思われるコミュニケーション

を行うだけです。


GO!GO!リーダー!!















会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。