冷静なトレーナー

Pocket

さてさきほどの続きですドキドキ

「怒りの感情」を自分に許可して、そして全体を振り返るという作業をやってみてスッキリキスマーク しました。

そうして、再度くだんの人の発言を振り返ってみると 

「ああ、あの人らしい発言だわな~さもありなんさもありなん」 得意げ

「まあ 深い意味は無いしな~」 かお

「まあそないに大したことじゃないわなあ」にひひ

という感覚が湧いています。

そう、既に発言者本人に対しての感情が落ち着いているし、きっかけとなった言葉自体にも余裕をもって観察することが出来る状態です。

これぞまさに フラットで機能的な自分の状態。

こうなれば次にまた同じようなことがあっても今度はもっと早くフラットなところに帰って来られるでしょう。

経験は次の行動を変化させますから。

「感情」はあるもの。

ただ一方で機能的な自分に自分で持っていくという観点を持つこと。

全ては自問自答の自分とのコミュニケーション(コミトレ)でございます。

コミトレはトレーニング(自分の癖付け)ですので「しんどそう~」と思われるかもしれませんが、ネガティブな感情や負のスパイラルで無為に費やす膨大なエネルギーを、新たなトレーニング(癖付け)のエネルギーとして活用すれば とっても明るく楽しく軽やかな毎日になること請け合いですチョキ

/tkd

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください