口うるさいリーダ! 万歳っ!!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



あこそは言い時だったなー、しまったわー。


これは私の友人の言葉。



なにかと言えば、習い事をしていてそこで見かけた

ちょっとちゃうやろ?!に対して何も言わなかったことを

悔やんでいるのです。



習い事の途中で休憩お茶タイムになり、それぞれが

座ってお茶を飲み始めた。


しかし、先生が所在無げにウロウロしていたらしい。


先生がいつも座る場所にお弟子さんが座ってなにやら

片付けものをしている。


お弟子さんは片付けものをしているので、先生は「どいて!」

とも言えず、なんとな~~く立っていたらしい^^;



その場で先生が座れないでいることに気付いて座らず立っている

生徒さんが友人を入れて2名。



友人は「あーー、あそこ先生が座るのにな~」と思って見ていた

らしい。


で、冒頭の言葉。


お弟子さんに一言声かけてあげれば良かった。


「そこ先生が座られるからねー 」


くらい言えたのになー。

そしたら、きっと理解したはずと、その場で言わなかった自分に

残念ーーー!


という状態です。



なぜその場で言えなかったか?と言うと


教育するという立場をとっていないから


というのが考えられます。



こうすることが良いことだと解っていても、

私たちは立場を取っていなければ口にはしない。



「口うるさいなー」などと思われたくない。

良い人で居たいという無意識に自分を守る

コミュニケーションが出るからです。


リーダーのみなさん!


口うるさいおっちゃん、おばちゃんに

なりましょう!!


ええんです。それで。


それが正しいリーダーの在り方です!!


口うるさいリーダー! 万歳っ!!




GO!GO!リーダー!!



会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。