周りに心を開けないリーダーの方へ!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


部下や後輩に心を開くことに抵抗ありませんか?


あるリーダーがこんなことをおっしゃいました。


怖いんですよね。自分の事話しするの・・・・


例えば、孫が生まれたとか、どっかに行って楽しかったとか。



同期やそれくらいの人が傍にいた時は話してらしたけど、

今はほぼ、自分事の話しはしない。


だからと言って、話しをしないわけではない。


なぜ自分の話しをしないのか?と聴くと


上司の話しには無理して合わせないといけないでしょ?

それが苦痛でしたから、私の話しにも部下や後輩が

そんな思いをするんじゃないかと思って話しをしない

ようにしているんです。


とのこと。


なるほどーと思ったけど、これだけじゃないなーと

思ったので、更に聴いてみました。


そしたら、


自分の話しをして受け取ってもらえなかったら

ショックでしょ?

だから、話さないようにしてるんです。


って。


案外、リーダーは傷つきやすい。


っていうか、

リーダーだからって不死身じゃないのよ。


不死身っぽく見えるけどさ~~(笑)、色んな目配り気配りが

出来るだけに結構~繊細。


アナタだけじゃないですよ。


そうやって傷ついたり恐れたりしているのは。


多くのリーダーが同じように感じているのです。


リーダーだって傷ついたり、それを恐れたり

するのさ!!


それでも毎日頑張っているのさ!!



GO!GO!リーダー!!





会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    私はいいのですが。
    リーダーとして技量不足なのに
    人集めしているのは困りますよ。
    貴方の講座を受けさせてあげたいくらい。
    まあ、人それぞれの判断ですが・・

  • SECRET: 0
    PASS:
     人は自ら心を開かないと
      相手も心を開きません。
     最近、企業の社員の育成力が低下している
    ようですから、
     瀬戸口様などの人材育成トレーナーの皆さんの
     活躍が期待されるのでしょう。

  • SECRET: 0
    PASS:
    メンバーに自分の弱い部分や失敗談を話すのは、同情を買えるので話すのは楽に感じます。
    でも、辛い思いをして成長出来たエピソードや、『こうあるべきだと思う』という話をした時に、『へーへー、そーですか』てな感じにスベったら嫌だな~と恐れて、なかなか言えなかったりします。
    特に、優秀なメンバーには。
    そんなタイプのリーダーは、アリでしょうか。
    ナシですよねぇ…。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ソフィア竹中さん
    ははははー、えーと、アリですが、ナシです。
    その心の反応はアリですが、その状態でい続けることはナシという意味です。
    なぜなら、受け入れてもらえそうにないことはしないっていうクセがついているから。
    そのクセをクセ付けし直すと、もっと楽にメンバーともコミュニケーションできるようになりますよ。
    それだけで、場の空気が開放的になると思います。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください