変わりたい けど 変われない 貴方へ③

Pocket

瀬戸口です。

ピコがやっとブログに登場しました。

前回の脳のメカニズムから脱出したかしら?(笑)

あとは、継続するために自分とどうコミュニケーションするか?

ですなぁ~~ピコさん♪ と、ちょっぴり刺してみたりして~~~(爆)

さて、変わりたいけど変われないを創り出す

メカニズム2つ目をば。

これは私が長年この仕事をしてきて気づいたものです。


セミナーやセッションに熱心に取り組み、変わりたい!と口々に

言われるけど、なぜか変わらない方が結構いらっしゃいます。


個人セッションなどは、私の場合30分間1万円戴いています。


のにのに、それでも変わらない方が・・・


さすがにプロとしては捨て置けませんよ。

で、色々考えました。

アプローチの角度が違うのか?

本当の問題を掴めていないのか?

実は、まだ話してないことがあるのか?

もしかして信頼されてない?

私が変化を恐れているのか?

など等。 時には、自信喪失くらいまで考え込んでしまいました。

もちろん、私の力量がまだそこまで達していないということも

あるかもしれませんが、

しかし、ある感覚にはまっていることを発見しました。

それは、変化したいが怖いという感覚。

みなさん気づいていません

なぜなら、必ずと言って良いほど

いえ、私は変わりたいのです。

        変わることを望んでいますから!


と、めちゃめちゃ力強く言い切られます。


しかし、結果を見れば・・・・

なぜこんなことになるのか?


それは、変化する = 全く違うものに変わる


             = 今までの自分を全否定


という思いに囚われるからです。


と言っても、気づかぬうちにです。


ピン!と来ますか?


あなたがいくら変化しようと思っても

変化 = 今までの自分を全否定


        ↓

  

    存在の危機(恐怖)

という感覚が働いて動けなくなってしまうという

メカニズムです。

良いですか? 

何度も言いますが、貴方が変われないのは

根性がないわけでも

信念が足らないわけでも

能力がないわけでもありません。

こんな感覚が働くメカニズムを知らないだけです

メカニズムを知らないからコントロール

出来ないだけです。

このメカニズムを意識して、こんな言葉を自分にかけて

やれば、違いが生まれるはず。

変化は全否定じゃないよ。

今の自分が動きやすくなる何かを工夫すること。

何かを足してやること。


まったく違うものになろうとしなくて良いんだよ。


今の自分を活かすことが変化なんだから。

とね。

こういうことを知らないってことは、全くやっかいなことですよ^-^

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください