天才への道を拓く

Pocket

瀬戸口です。

天才は何もしなくても結果が出る人

と、どこかで私たちは思っている。

これって本当か?  


違う

天才とは、天から与えられた才能を存分に

活かしているいる人

という意味でしょう。


活かしているからこそ、それに見合った結果が生まれる。

才と言われる人たちは、常に自己探究と自己研鑽を行っている。

多くの人が、天から与えられた才能を活かさず生きている。

自分の中にある天才性を観ず・気づかず、他人の中にのみ

見出してしまう。

私たちは常に隣の芝生は青いと生きてしまう生き物。

という習性に気づき、意識することで自分の「天才性」に視線を

戻せば、今までとは違う世界を拓くチャンスが生まれる


「天才」への道を自ら拓く ことが出来る。

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください