妙に攻撃的になった時に自分を戻す方法

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


いつも天真爛漫な笑顔が人の心の壁を低くする

そんなリーダーがいらっしゃいます。


私はその方にその天真爛漫さはアナタの強い味方

とお伝えしています。


ご本人はそれを嬉しく思いつつも、どこかで自信がない


自分は頼りないですから。

○○さんのようには出来ないですから。

全然解ってないので。


など等。


で、先日のセッションの時、どうも様子がおかしい・・・


珍しく攻撃的です


なぜにそんな状態になっているのか?と思いつつ、

話しを聴いていると出てくる出てくる。


何が?


○○せねばならない

○○はダメと言われた。

○○じゃないといけないけど。



そう、自分を縛る考え方。


どうやら、いろんな人の意見を聴きすぎてねばねば

出ている模様。


自信がなくても、自分の気持ちがニュートラルなら

他人の意見を聴いても参考に出来る。


が、ニュートラルさを失っていると、途端に他人の意見に

巻き込まれるわ、自信がないところを通り越して、自分は

ダメだーになる。


でも、そこはリーダーになるだけの人。


芯は強いわけで、そこを跳ね返そう(防御しよう)として

攻撃的になっているわけです。



ここでまず取り扱うべき課題は、


自信をつけることでもなく、自分を縛る考え方を止める

ことでもないです


まずは、

自分がニュートラルさを失っていることに気付くこと



自分を観察する。(客観的に観る、俯瞰する)


そうすると、少しバランスが戻りますよ。


そこからアナタの能力を発揮して行けば良いのです。


GOGO!リーダー!!








会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。