年上女性部下との関わりについて

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。
年上の女性部下は難しい・・・
と思ったことありますか?
そう思う男性リーダーも少なくないでしょう。
しかし、年上女性部下を味方に出来れば、これほど
心強いことはないのです。
だって、長年働いていていろんな経験しているわけですよ。
アナタの知らない歴史など、人間関係や背景を知っていたり
もする。
そんな人からの情報は業務上の判断を行う上で、かなり
役立つはず。
ただ、その部下が相当変わった人でない限りです(笑)
男女問わず、「役に立ちたい」という貢献心はある。
が、組織にいる女性は特にその思いを強く持っている
のではないかと思いますよ。
えーーーー?!本当か?!
と思っている方も居るでしょうが、本当です。
今はそんな風には見えないかもしれませんが(笑)
なんだかんだ言いつつ、多くの職場は男社会。
ほぼ、ルーティンワークを行う女性が多い。
その中で女性が自分の能力を発揮した!と満足感や
達成感を味わえる瞬間は少ない。
役にたった
と思える瞬間ってどんな時?
解り易いのは、感謝の意を感じ取れた瞬間。
関わりが難しいな・・・・と思う女性部下との関わりの
中に、意識的に感謝を入れてみてください。
何かが変わるのを感じるはず。
すぐに効果は現れないかもしれませんよ。
なんせ、女性は猜疑心が強かったりしますから。
でも、すぐ信頼したりもする(笑)
繰り返し繰り返し。これもトレーニングです。
但し! ウソはダメ。
また、手名付けるテクニックとして行うのもダメ。
そんなもの簡単に見抜かれます。
本当の「ありがとう」から関わってみてください。
GOGO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。