想定外の事態が起こった時の人間の状態と対策

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



想定外の事態が起こった時の人間の状態と

その対策


想定外の出来事は日常茶飯事で起こります。


これをどう扱うかで、取引先や周囲からの信頼を深める

ことも出来るし、関係を壊す場合もある。



このような事態への対策を立てておくことで、今までとは

違った結果を引き出すことも出来る。




さて、想定外の事態が起こった場合、私たちはどうなるか?


びっくり仰天! そんなはずはないっ!!


頭が真っ白。などという言葉がありますが、まさにその状態。



要するに、本来の能力を発揮出来ない状態に陥ります。




びっくりして慌てふためいた人が、適切な結果を創り出す

のは至難の業。




なので、さっさと本来の状態に戻ることが肝要。

とっとと平常心に戻す。



どうやって戻すのか?



それじゃ、本来の能力が発揮出来ないぞ!

そのままじゃ、ろくなことしない。失敗の連続になる!

まずは、深呼吸をしろ!




という具合の、平常心に引き戻す為のコミュニケーションをすること。



さて、

びっくりして慌てふためいた後に人が何をするかというと、


自分を責めます。



想定外に気付かなかった自分を。



こんな時の為に、まずは想定外の事態への対策として、




想定の範囲を広げる

また~、そんな当たり前のことを!

と言われる方もいましょうが、案外、ここが抜けていたり

しますからね。



ということで、一旦想定したものを、改めて扱ってみる。




もし、マズいことが起こるとしたら? 他には?



という具合。

アナタは勿論、メンバーがこのような状態に

なった時にも是非、お試しを!


GOGO!リーダー!!














会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。