成長の歴史

Pocket

瀬戸口です。

数年間、個人セッションをされているクライアントさんが

先日、自分の仲間と一緒にグループでセミナーに参加されました。

この方はグループのリーダー。

ただ、リーダーとしてやっていくことに不安と暗闇の中で進んでいる

ような怖れと頼りなさを抱いていて、なかなかリーダーとして立てない

状態が続いていました。

セッションの最初の頃は、カウンセリング中心。

心を癒さないと日々を過ごせないくらい涙、涙の状態でした。

その方が、一歩ずつ成長を重ね、自分の課題を一つずつクリアして、

立派にリーダーとして仲間を連れてセミナーに参加するまでになられ

たのです。

しかも、セミナーはご本人が企画して私に依頼して来られました。

仲間と一緒にセミナーに参加することってそんなに大変なこと?

って意外に感じるかもしれませんが、セッションを始めたきっかけが

「自分はダメだ」なので、自分が勉強していることを他人に教えるのは

かなり勇気がいることなのです。

自分の弱点、恥部に触れる感じと言ったらいいでしょうか。

ましてや、リーダーである自分がメンバーに対して、自分の弱点をさらす

ような感覚があると抵抗が生まれるのは必定です。

でも、この方、そんなことも気にならないくらい成長したのです。

自分からみんなに自分の成長過程を話し出来るまでになっていますから。

すっかり「過去が過去になっている」のです。

素晴らしい成長です。

こんな風にクライアントさんの変化を見ていると、

人間って面白いなー。素晴らしいなー。

なんて興味深い生き物だろう。

と思います。

そして、私はトレーナーはやめられん!と思うのです^0^

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください