早く取りかかった方が身のためって話し。

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


昨日のリーダーのお話しの続き。


妻に厳しい言葉を言われてショックを受けたいうお話し

でしたが、別の学びの観点があります。



そうか、瀬戸口さんにずーーっと言われていたことを

私がやっていなかったということですね。



これは、セッションの終わりにこの方の口から出た言葉。


リーダーになって5年くらいが経つこの方。


初めの一年は毎回真っ青な顔でセッションに来られていた。


初めてのことだらけでほぼ毎日上司からの叱責を受け、

ストレスの塊と化していた


毎度のセッションはデトックス状態。

それだけで時間いっぱいになる。


2年目以降はセッションの回数も増やし、徐々にリーダーと

しての在り方や課題に取り組む日々。


どんどん色んな変化を作り状況を改善して来られた。


その中でも、女性とのコミュニケーションに力を注ぎ

素晴らしい変化をなさっていました。


が、面白い!


男性に対してはどうしても譲れない部分がある。


相手の立つ瀬を創りだすコミュニケーションがどうも苦手。


ついつい、間違いを真っ向から指摘したり、

そこは承認ポイント!と思うところで承認が

薄くなったり(笑)


聴いていると、そんなの当たり前と思ってしまうらしい。


男性同士ゆえに生まれる感覚ですね。


それくらい出来て当たり前。ってね。


これは相手を出来る人と扱っていると観れば、

ある意味相手を尊重したコミュニケーション

ということも出来る。


しかし、今の世の中そのように受け取る部下は少ない。


みんなが自分にどこかで自信がないから。


なので、クライアントの方々には相手をしっかり承認し、

立つ瀬を創り出すコミュニケーションを意識するように

伝えていますが、意識から外してらっしゃった模様。


またいだ課題は頭から降ってくる


という言葉をセミナーや研修などでもよくお伝えします。



まさにこのリーダーがそれ!


またぎ続けた課題が頭から降ってきた!


みたい。 妻の厳しい言葉という形で(笑)


私たちの人生は私たちをどうしても成長させようと

色んなことを仕組んでくるかのようです。


さて、アナタは課題をまたいでいませんか?


頭から降って来る前に取り組んだ方が

身の為ですよ(爆)



瀬戸口からの愛情たっぷりの

バレンタインチョコでした~~


GOGO!リーダー!!







会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。