昨日のブログの人間心理を解説!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。
昨日のブログでは、親子のコミュニケーションから
部下や子どもの能力を引き出すポイントをお話し
しました。
今日はその続きというか、人間心理の話。
昨日のブログのようなことは日常茶飯事で起こります。
ちょっと内容を変えれば、職場でも起こっていること。
なぜに故にリーダーは部下や子どもの気持ちを
ただ受け取るってことが出来ないのか?
そのキーワードは
悲しさ   罪悪感
リーダーというのはそもそも、兄貴、姉御肌の人が多いし、
そのポジションに対する責任感というものもあいまって、
なんとかしてやらなければという気持ちを持ち易い。

いやいや、私はそんな気持ち持ってませんよ。
っておっしゃるリーダーさんもいらっしゃいましょうが、
もし、アナタが部下の失敗の報告や泣き言を聞く時、
イライラするならアナタは案外良い人です。
なぜなら、巻き込まれてるから。

部下や子どもが発する、残念無念!という思いを
共有
してしまっているので、
そんなことイチイチ悲しむな!
そんな顔するな!
と言いたくなる。
ほれ、正真正銘!
相手の悲しいという気持ちに巻き込まれています。
また、
何とかしてあげたかった。
嬉しい顔をさせてあげたかった。
のに、出来なかったという思いも湧いているはず
(意識出来ないくらい普通に湧いてます)
そして罪悪感。
部下や子どもから、
なぜ何とかしてくれないか?
なぜ、嬉しい思いをさせてくれないか?
責められている感じになる。
そんなこと彼らは一言も言ってないのに・・・
もう、哀しきリーダーの習性。

な~んか解らんけど、相手の人生まで無意識に
背負います。
だから、攻撃したくないのに責めたくないのに
そんなコミュニケーションになってしまう。
自分に起こったことではない(残念な出来事)事
なのに、感情的になる。
しかし、部下や子どもには解ってもらえない。

何とかしてあげたいって気持ちがあるから
アンタを攻撃してしまってるのさ!
ってことは。
はぁ~~~、これ本当に哀しいんです、私。
こんなことが普通に起こっていて、理解し合えない
関係になっていく。
リーダーは孤独を味わう。
リーダーなんかに成りたくない!と思ってしまう・・・
だからリーダーを応援したくなる!
アナタは悲しさと罪悪感にさいなまれているだけです。

部下や子どもの感情に巻き込まれているだけです。

彼らと自分を分ける。 分別(ふんべつ)
この感覚を持ち出してコミュニケーションしてみましょう。

冷静なアナタで、部下や子どもの話しを受け取れる
かも
しれません。


GOGO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください