昨日のブログの続編です。

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


昨日のブログの続編。


戦略的にお金を使うという話しをしました。


きっと、事業に関しては戦略的に使えているとは

思います。


客先とのやり取りの中では、「今回はうちが持ちますよ」

などと、きちんと表現しているはず。


ただ単にお金(経費)を使ったりしていませんよね?

戦略的に使っているはず。


それと同じように、ご馳走するならちゃんと表現する

ことも大事。



「今日は会が成功して嬉しいからご馳走します」


とか、


「みんな頑張ってくれたから」


とか、


何もない時にご馳走するなら


「今日は私が払っておきます」と表現すること。



そんなことイチイチいうのも・・・



と、案外これを良しとしないリーダーが多いのですが、

こういう細かいコミュニケーションが入っているか

いないかで違ってきます。



特に大勢を相手にしている場合、こういう表現は

必要です。



人間とはおかしなもので、個人でいる時はしっかり

お礼が言えるのに、大勢の一員でいるとその雰囲気

に巻かれて、お礼が言えない人になったりする。



なので、ご馳走する側からの「私が出しておきます」

ということで、その瞬間スイッチが入って、相手は

ちゃんとお礼が言える状態になる。


面白いでしょ?人間て。

コミュニケーションによって能力を発揮したり

しなかったり。



アナタがアナタに引っかかって表現しないことで、

自分の部下やメンバーの能力を発揮させないことに

なってますよ。


アナタがしっかり表現することで、お互いがちゃんと

大人のコミュニケーションをすることになるのです。


GOGO!リーダー!!









目下のもの

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。