普通にしゃべってプチトレーニング~♪

Pocket

瀬戸口です。

今日、取引先の方から

瀬戸口さんにプチトレーニングしてもらったみたいです。

ありがとうございます。

がんばります!

てな、メールの返信を頂きました。

なんてこたぁ~ないんですよ、私としては普通に返した

メールが、そのように感じたらしい

どんな内容かと言うと

●出来事

担当を変わりたての方で、ちょっとした確認ミスがあって

依頼したものが別の場所に届いてた。

●状況

こちらは急ぎでないし、ついでに取りに行けるので問題なし。

●感情

しかし、担当の方はしょんぼり・・・

「確認」というのがキーワードとして、自分にどんどんやってきて

いるのに、またやっちまった・・・的に自分を責めている。

それだと能力を発揮するどころか、どんどんミスが重なる状態に

なるな~~と思ったから、仕事を変わりたての頃の人間の状態を

解説するメールを送ったわけですわ。

そしたら、気持ちが楽になったんですよね、この方。

えらく感激した返信を頂いたのです。

人の気持ちを楽にして、能力を発揮させる状態にする。

というのがトレーナーの本質的仕事なので、極々当たり前に

やるわけですね。

トレーニングすると、普通の会話がすでにトレーニングになって

くるんですね。

こんな風に自然な会話の中で、それぞれが能力を

引き出しあうコミュニケーションが広がれば良いな~~

と思うのですよ♪

ちなみに、気をつけないと押しかけトレーナーになって、嫌がられる

という危険があるのです。

そこはどうするか?というと、

その危険性を常に自分に言い聞かせるコミュニケーションをする

のです♪

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください