期間限定6日間聴くだけレッスン♪一日目【アクションによるリアクション】9月末まで

Pocket

 【アクションによるリアクション】

 

人間関係を壊さずに相手の行動の嫌だなと思うところを変えられる?!

 

今日は、相手はこちらのアクション(関わり)によって、リアクションを変えている?!というお話です。

asakatu1-sc ←コチラをクリック

 

例えば:

優しい人には自然と優しくなりますよね

この人イヤミだなと思えば、イヤミを乗せて返したりしていませんか?

手厳しい人には手厳しい態度になる

遅刻が多い人との約束には、普段は時間を守るあなたでも、ちょっとくらい遅れても良いやと遅刻したりしていませんか?

 

このように私たちは相手の行動の質(コミュニケーションの質)に合わせるように、行動(コミュニケーション)するという性質があります。

 

この性質が掴めていると、自分の人間関係の中で「嫌だな」と思う相手の態度やモノの言い方に出会った時、「これは自分の行動の質に合わせたもの?(アクションによるリアクションか?)」と考えてみることも出来ます。

 

こう考えることで、人間関係を壊すことなく相手の「嫌だな」なところを変えるチャンスが生まれます。

 

誰でも自分の行動にトヤカク言われるとカチン!と来たり、ショックを受けたりするものです。それが解っているので、私たちはなかなか言い出せない・・・

しかし、言い出せないままだと【嫌だ】と思う現実は変わらない。

ジレンマですね。

 

これは近しい関係にこそ起こりやすいジレンマです。

 

相手の中に「ここを変えたい」ということがムクムク生まれた時は、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

 

【これは自分のアクションによるリアクションか?】とね。

 

この観点を人生に持ち込むことで、

 

そうかー、こっちはそんなに厳しくしたつもりはなかったけどなー

この人にはあの言葉は重荷になったのかぁ・・・・

 

という観点が開いて相手との関係に変化が生まれるかも。

そして、びっくりするほどの発見と違いがあるかもしれません。

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。