松下幸之助さんの言葉何ですが、、、

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。 

 

 

全ての責任は自分にある  

          松下 幸之助

 

 

リーダーであるアナタはごもっとも!!
とおっしゃるのではないでしょうか。

 

リーダーというポジションは【責任】を強く意識する

 

だからと言ってそれまでのポジションに責任が
ないかというとそうではない。

 

リーダーというポジションについた時に、感覚の
違いを感じた方も多いのではないかと思います。

 

ポジションが人を育てる

 

という言葉もありますからね。

 

さて、冒頭の松下幸之助氏の言葉ですが、
現代人には残念ながら入って行かないのでは
と思うのです。

 

色んな人を観てきて思うのは、

 

メンタルの強さが違う

 

ということ。

 

幸之助さんが生きた時代の人たちやその少し下の
世代は、今の人たちよりもメンタルは強かった。

 

苦労を経験した度合いの違い

 

によるのだと思います。

 

なので、幸之助さんの言葉をそのまま今の若者に
言っても腹に落ちて行かない。

 

全ての責任は自分にある

 

【責任】という言葉は【責め】を含むので、
どうも責められるととってしまう。
なので、機能的ではなくなってしまう。

 

私はこれに下記のような説明を付け足すことを
お勧めしています。

 

***
全ての責任は自分にある
とは、自分を責める為の言葉ではありません。
これを自分のせいと読み解いてしまうと、幸之助さんが
本当に言いたかったことが観えなくなってしまいます。
全ての責任が自分にある
とは、自分が何かを変える事でどうにでも結果が変えられる
変わる可能性を秘めているのだと説いているのです。
この言葉はあなたを縛るものではなく、あなた次第で結果や
人生は変えられるとの可能の扉を観せてくれる言葉なのです。
どうか、間違って解釈しないようにしてください。
***
いかがでしょう。

もし、アナタが自分を縛る言葉と解釈していたなら、必ず
部下や周りの人もそのように解釈しているはず。

 

それがやる気を失ったり、無責任な態度を引き出して
いたのかもしれません。

 

この辺りを再確認してみると、変化を創れるのではないかと
思います。

アナタにはそれだけの影響力があるのですから。

 

GO!GO!リーダー!!

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。