突き抜ける人の条件とは

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

突き抜ける人の条件とは?

と訊かれたら、どう答えますか?

パワフルである
発想が違う
アイディアの宝庫
行動力がある
人脈がある
勇気がある
好奇心がある
奇想天外である
人に好かれる
人に嫌われる
「持っている」人である
自分を変えられる人である

など等。

どれもこれも必要な要素ですが、
やはり、「自分を変えられる」というのは
必須要素。

ですが、これが難しい。

何が難しくするのか?

その一つに頑固さがあるかもしれない。
頑固さを別の言葉でいうと、

柔軟さがない
他の意見を聴かない

という感じ。

結果を創ってしまうと、それが変なプライドや
自分の中の常識となり、それまでにあった柔軟さ
がなりをひそめる。

しかし、こうなると

突き抜ける

ことは出来なくなる。

いくらその実力があろうとも。

先日、とてつもない結果を創っている経営者の
方々とお話する機会があった。

この方々から感じたのは、

柔軟さ

やはり!!

普段は【偉い人】として扱われているはず。
が、そんなそぶりは微塵も見せない。

それどころか、ものすごく謙虚で何事にも
取り組もうとする姿勢が在る。

成長し続ける人とはこういう人

という典型。

この成長力が突き抜ける力となるのであろう。

う〜ん、素晴らしい!!

GOGO!リーダー!!

 

個人セッションはこちら

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せとぐちちかです。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください