紳助さんの言うことにゃ

Pocket

こんばんは、ツカマコです。

どんな場所でも自分を成長させる取り組みは出来るものです。仕事を通して、或いは、趣味や勉強、家庭生活、何においても。

そしてそうして取り組み色んな場所で輝いている人には必ず共通点があります。

それは『常に自分自身と向き合い続けている』という共通点。

まさに自問自答の自分に対するコミュニケーションを常々取り組んでいる、というところなのです。

さてまたTVネタですが、そんな輝く人の一人、島田紳助さんの言葉でやっぱりねぇ~~と思ったこの一言。

(バラエティ番組で、出演者達が自分の祖母に対して「あなたが居てくれたお陰で」と言った主旨の感謝の言葉を述べている中で)

紳助さんは一言

「オレは自分に一番感謝してるよ」

(出演者からは大ブーイング)

しかし私は「やっぱりよく解ってらっしゃるわ、この方DASH!

そうなんです。

自分の周囲の人がどれほど良くしてくれたところで、それを自分の人生に取り入れるかどうかを選択するのは「自分自身」でしかない。

そしてどんな選択をしても、その結果がその時失敗に見えようが、成功に映ろうが、自分を認めて自分を前進させるのは「自分自身」でしかない、のです。

日ごろから彼の言動を聞くにつけ、深い探究の結果出た言葉だろうなとみていた私は今回も、ハッシと自分の膝を打ったのでした。

/tkd

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください