聴き切るは単なる第一歩。今日は二段階めの話し

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



聴き切るは三段階の一段目



このトレーニングを行うと必ず


先生、聴き切るが良いのは解りますが

聴いてばっかりでこちらの話しが出来ないで

終わってしまいますが・・・


という戸惑いを持つ方が出てきます。



これは良いことです。



なぜなら、

そこまで聴き切るに徹しているってことですから。



ただ、これを一生続けていたらなんのこっちゃ解らん

ということにもなります。


もちろん、このままではありません。


聴くは奥深いのです。


聴き切るは単なる第一歩。入口です。



その次があります。


その次は、考えながら聴くです。



これは普段私たちがやっていることです。



なんや?!やってたことを二段階って言ってんの?!


と思われました? ふふふふふーー



これが違うのです。


ちゃーーーんと聴くが出来てる人と出来ないない人とでは、

相手の聴いて貰った感が違うのですよ。


聴くがしっかり身についていると、相手に聴いてもらっている

という印象を与えつつ



この人に何を言ってあげれば視野が拡がるか 


や 


どうアプローチすればこちらの言いたいことが伝わるか



何がこの人の課題の根なのか



などを考えながら聴けるようになります。


まーったく違うんですよ。


聴くがしっかりトレーニング出来ている人と

そうでない人とは聴いてる時の余裕が違うのです。



私たちはまず聴くをトレーニングします。

特に、私がトレーナーを育てる時は徹底的に行います。



だから私たちは初対面の方にも信頼をしてもらい、

深い話を聴けます。また、クライアントの前進と成長に

関わることが出来るのです。


GOGO!リーダー!!


明日は、三段階目の解説をば致します♪



会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください