職場いじめからの脱出!そして!!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

いじめからの脱出は

普通に戻すこと

と前回のブログでお伝えしました。

案外ありますね、仕事上でのいじめ。

いじめは子どもの世界だけのものではありません。

人間である以上、どの世代でもどの場所でも在り得ること。

 

そもそもいじめとはどこから生まれるのか?

嫉妬

不安

怖れ

自分とは異なる(異質な)ものに対する不安や怖れ

だったり

自分に無い(と思う)能力を発揮している人への嫉妬

だったり

今の状態ではいられない・安泰ではいられないかもしれないという変化させられることへの不安や怖れ

だったり

自分への注目が他へ移ってしまうことへの不安や怖れや嫉妬

 

などが湧いて来たときにいじめという行動が生まれたりするのですが、今回のクライアントのケースはまさに!でした。

 

クライアントへの組織からの評価は高い。
そして以前にも今回の現場での経験もあり、仕事は熟知している。

トップとしては願ってもない人材のはず。

が、このトップからは不安や怖れが湧いてしまったのかもしれないと思わせる態度や言葉が現れている。

 

そのことにクライアントは気づいていない。

理由は解らないが嫌われているとしか思っていなかった。

 

では、この可能性に気づいてどうするのか?

どのような態度や振る舞いでいると互いにWIN&WINの状態を創れるのか?

 

この観点で一緒に探究し、ある答えを見出した時

やってみます!!

と。

その声はもういじめられて意気消沈していた人のものではなかったことは言うまでもない。

きっと違う現実を創り出す。

そんな雰囲気をまとった言葉でした。

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。